米津玄師と是枝裕和監督が「カナリヤ対談」コロナ禍で激変した2020年を語る

米津玄師と是枝裕和監督の対談映像が、米津玄師の公式YouTubeチャンネルで公開されている。

米津玄師のアルバム『STRAY SHEEP』の収録曲“カナリヤ”のPVを手掛けた是枝裕和監督。同曲は、米津玄師が外出のできない時期に「ウイルスによっていろんなものが隔てられている、当たり前にあったものが機能しなくなっていくさまを音楽にしなければならない」と考えて制作した楽曲で、映画『誰も知らない』との親和性を感じ、是枝監督にオファーしたとのこと。PVには蒔田彩珠、淵上泰史、朝見心、本村海、倉野章子、田中泯が出演している。

対談は古民家をモチーフにしたスタジオで実施。PVが誕生したきっかけや、是枝監督がPVに込めた想い、2人の共通点、コロナ禍で日常生活が激変した2020年が終わろうとしている今を約20分にわたって語っている。

なおアルバム『STRAY SHEEP』の収益の一部は、カナリヤ基金を通じて新型コロナウイルスの影響で困窮している人々に寄付される。


  • HOME
  • Music
  • 米津玄師と是枝裕和監督が「カナリヤ対談」コロナ禍で激変した2020年を語る

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて