ニュース

満島ひかり×佐藤健×宇多田ヒカル Netflix『First Love 初恋』2022年配信

満島ひかり、佐藤健
満島ひかり、佐藤健

Netflixオリジナルシリーズ『First Love 初恋』が2022年に配信される。

1999年に発表された宇多田ヒカルの“First Love”、その19年後に発表された“初恋”にインスパイアされた同作は、1990年代後半、ゼロ年代、現在の3つの時代が交錯し、20年余りにわたって「初恋」の記憶を辿る1組の男女の物語。フライトアテンダントを目指すも不慮の事故で運命に翻弄される野口也英役を満島ひかり、航空自衛隊のパイロットになるも現在は別の道を進む並木晴道役を佐藤健が演じる。2人のダブル主演となる。監督・脚本は寒竹ゆり。

制作に向けて行なわれたクロストークで、満島ひかりは晴道役について「晴道役は、佐藤健さんはどうかな?と、私が提案したんです。私は、ラブストーリーをほとんどやったことがないので、ドキドキする新しいキャスティングがいいなと思っていて。プロデューサーの坂本さんが、ネットに出ている健くんの写真と私の写真を合わせて、みんなで見ながら『似合う、似合う!』『この組合せ新しい!』って盛り上がったりして。そして、健くんがやって来てくれて、寒竹さんの筆が動き出して、脚本がもっと具体的に、もっと素敵になっていった。ドキドキする場面が増えていった気がします」とコメント。

佐藤健は満島ひかりについて「なんて言うか、レアポケモンみたいになっていて、なかなか会えないし、なかなか共演できない人なので、この機会はほんとに貴重です(笑)」と明かしている。

寒竹ゆり監督は2人について「八ヶ岳のうちのカウンターで、ひかりちゃんと健くんが並んでビールを飲んでいる姿が、もう普通にお似合いで、とても素敵で、ずっとニヤニヤしながら眺めてました。何だかんだ言っても、恋愛ドラマはカップリングが一番大事。恋が動き出しそうな二人じゃないと、ドラマを見たいと思わないですから。ひかりちゃんはもちろん、健くんに会ってからはイタコみたいになって、晴道についても筆が進みました。いい役者と出会うとこういう風になるんだなって。通常のドラマだと脚本が完成していない段階で撮り始めることもあると思うんですけど、今回は、本を作る時間、議論する時間、熟成させる時間がある。ありがたいです」と語っている。

坂本和隆(エクゼクティブ・プロデューサー/Netflixコンテンツ・アクイジション部門ディレクター)のコメント

2018年の冬のある日。乗り合わせたタクシーで聴き慣れた宇多田ヒカルさんの「First Love」が大音量で流れていました。あまりの音量に「お客さんから音を下げてくれと頼まれませんか」と問うと、「宇多田ヒカルさんの楽曲は音を上げて聞きたいとリクエストがあるんだ!」と返事が。思いも寄らぬ返事に、今回の企画を直感的につくるきっかけを頂いたものです。多くの世代に愛されたこの楽曲は、僕自身を含めて当時の記憶を蘇らせる力があります。
偶然にも2018年は宇多田さんが「初恋」をリリースされた年でもありました。その歌詞に触れた時「First Love」と「初恋」を繋ぐ、恋愛物語を創りたいと考えました。そんな壮大な物語を紡げるのはだれだろう?寒竹ゆりしかいない・・・それが我々の冒険のはじまりの瞬間でした。
宇多田さん、素敵な機会をありがとうございます。いまここに最高のメンバーが揃いました。最高の作品になると確信してます。

宇多田ヒカル『First Love』『初恋』ジャケット
宇多田ヒカル『First Love』『初恋』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察