ニュース

瀧内公美×神尾楓珠の映画『裏アカ』新公開日が決定 コメントも

加藤卓哉監督の映画『裏アカ』の新たな公開日が2021年4月2日に決まった。

『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2015』準グランプリを受賞した同作は、今の社会や時代が持つ二面性を象徴する「SNSの裏アカウント」を題材に、裏アカウントを通じて出会う男女の姿から現代に生きる者が抱える葛藤や欲望、性への衝動を描いた作品。アパレルショップの店長として働きながらプライドと寂しさを抱える主人公・真知子役を瀧内公美、真知子を翻弄する「ゆーと」と「原島努」という2つの顔を持つ男役を神尾楓珠が演じる。同作は新型コロナウイルスの影響で公開延期となっていた。

瀧内公美のコメント

今年の6月に映画「裏アカ」を皆さまにお届けする予定でしたが、世界を揺るがす出来事が起き、劇場が一時閉館してしまう事態が発生し、公開延期になってしまいました。「裏アカ」は、長年助監督を務め、映画界を支えてきた“これからの映画作家”として活躍していかれる加藤監督のデビュー作品です。撮影前から、加藤監督と何度も何度もミーティングを重ね、話し合い、時に停滞しながらも、納得がいくまで作品作りを行なってきた、愛おしい作品です。皆さまに完成したものを見て頂くことによって、初めてこの作品の価値が生まれていくと思っていたので、公開延期、未定となったときは一緒に作品を作りあげたスタッフさん・キャストさんの顔が浮かび、なんとも言えない気持ちになったことを覚えていますですが、製作陣ほか沢山の方々のご尽力により、来年の4月に劇場公開させて頂けることが決まりました。やったぁ!皆様の元にお届けするまでもう少々お時間頂きますが、公開時にお逢いできることを楽しみにしています。「裏アカ」よろしくお願い致します。

神尾楓珠のコメント

約2年の月日を経て、ようやく『裏アカ』公開できることを嬉しく思うのと同時に安堵も感じてます。
決して明るい話ではないですが、現代のSNSだったり、何か届くものがあると思うのでぜひ劇場に足を運んでもらえると嬉しいです!

加藤卓哉監督のコメント

延期されていた公開日が決定し、コロナ禍のなか奮闘してくれた配給・宣伝チームに心から感謝したいと思います。
2015年に賞をいただいてから、クランクインまでに4年、完成してから公開まで2年を要する難産な映画になりました。
現場では、瀧内さんと神尾くんが文字通り渾身の力で演技をしてくれました。特に瀧内さんは、準備段階から他の仕事をすべて断って、主人公・真知子になり切ろうと一緒にもがいてくれました。そして、スタッフ全員が、初監督である僕をあらゆる面で支えてくれました。その分思い入れは強くなり、世の中も自分自身も様々なことが変わりましたが、この映画では変わらない人間の本質を描いたつもりです。
作品に込めたメッセージが、長い年月を経て来春、観客の皆さんにどのように届くのか、期待と不安の入り混じった気持ちで初日を待ちたいと思います

『裏アカ』ポスタービジュアル ©2020映画『裏アカ』製作委員会
『裏アカ』ポスタービジュアル ©2020映画『裏アカ』製作委員会
『裏アカ』 ©2020映画『裏アカ』製作委員会
『裏アカ』 ©2020映画『裏アカ』製作委員会
『裏アカ』 ©2020映画『裏アカ』製作委員会
『裏アカ』 ©2020映画『裏アカ』製作委員会
『裏アカ』 ©2020映画『裏アカ』製作委員会
『裏アカ』 ©2020映画『裏アカ』製作委員会
画像を拡大する(4枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性