ニュース

柄本佑主演の映画『痛くない死に方』特報映像&場面写真が到着

『痛くない死に方』 ©「痛くない死に方」製作委員会
画像を拡大する(6枚)

映画『痛くない死に方』の公開日が2月20日に決定。特報映像と場面写真が到着した。

2月20日から公開される同作は、兵庫・尼崎でクリニックと在宅医療を運営する医師・長尾和宏の書籍『痛くない死に方』『痛い在宅医』をもとにした作品。診断ミスで末期の肺がん患者を苦しませた末に死なせてしまった在宅医・河田仁が、約2年の歳月を経て末期の肺がん患者である本多彰を担当することになり、本多の妻しぐれと共に「痛くない死に方」を実践する姿を描く。在宅医療に従事する主人公・河田仁役に柄本佑、末期の肺がん患者の父を持つ智美役に坂井真紀、河田仁の先輩・長野浩平役に奥田瑛二がキャスティング。

河田と智美の「余命については、病院は何と言ってましたか?」「とにかく、苦しまずに逝かせてあげたいんです」という会話から始まる特報映像には、長野が「大病院の専門医は臓器という断片を見る。俺たち町医者は、物語をみる」と発言する姿、河田が「あのやり方が、果たして正しいのかどうか」「在宅医に一番大事なことって、何なんでしょうか?」と呟く様子などが映し出されている。

発表とあわせて原作者の長尾和宏、坂井真紀、奥田瑛二のコメントが公開。

長尾和宏のコメント

この映画は拙書「痛くない死に方」と「痛い在宅医」が原作である。しかし高橋伴明監督には他の本も読んで頂き、とても練られた脚本を書いて頂いた。秀逸な川柳はもちろん監督の作品だ。国策である在宅医療はこれまで美談でしか語られてこなかった。リアルを語るとすぐに矢が飛んできた。でも僕は美談が大嫌い。患者目線、家族目線から見た在宅医療とはどんなものなのか。どうすれば望む最期が本当に叶うのか。どんな医者を選べばいいのか。百聞は一見にしかずというが、まさにこの映画に在宅医療の本質が凝縮されている。僕の夢はこの映画を大病院の医師・看護師だけでなく医学生・看護学生にも観てもらうことだ。そのためにはまずは多くの市民に観てもらい評価されないと叶わない。どうか応援よろしくお願いします。

坂井真紀のコメント

「死」というものへと向かっていく家族と向き合う日々は、演じていることという枠をこえて、言葉にできない感情との闘いでした。高橋監督の生命力あふれる演出に助けられ、智美という女性の人生を歩かせていただきました。人生の終わりに近づいた時までも、私たちはたくさんの選択を迫られますが、この作品が、私たちの未来への希望となり、人生最後の時がよりあたたかいものになればと願います。

奥田瑛二のコメント

人が人として向き合う。それは己と向き合うことではないだろうか。
一人の医師として患者と向き合う。人には必ず死が訪れる。
「生きるとは、食べること」この台詞、小生、NGを連発してしまった。
撮影時を思い出すために書棚に納めてある台本を一年半ぶりに手に取りページをめくった。「生きるとは、食べること」そこに線が引いてあり、さらに上部の空白に大きく自筆で書いてあった。なのに撮影時のNG連発、原因はいかにその台詞がこの映画にとって大切な言葉であるかという証しである。それを一人の医師として表現する。己と役の医師、長野浩平、さらに原作者であるこの役のモデルでもある長尾和宏先生、一体感を持ち現場に満々と臨んでいるつもりだったのであるが上手くいかない。不思議と自律神経が崩壊してナーバスになることはなかったが、その日のビールはいつもと違う苦さだった。恐る恐る完成試写に臨んだ。その日のビールは珠玉の苦味、美味かった。

作品情報

『痛くない死に方』

2021年2月20日(土)からシネスイッチ銀座ほか全国で順次公開

監督・脚本:高橋伴明
原作・医療監修:長尾和宏
音楽:吉川忠英
出演:  
柄本佑
坂井真紀
余貴美子
大谷直子
宇崎竜童
奥田瑛二
大西信満
大西礼芳
下元史朗
藤本泉
梅舟惟永
諏訪太朗
田中美奈子
真木順子
亜湖
長尾和宏
田村泰二郎
東山明美
安部智凛
石山雄大
幕雄仁
長澤智子
鈴木秀人
上映時間:112分
配給:渋谷プロダクション