文月悠光が原案 映画『片袖の魚(仮)』にイシヅカユウ、広畑りか出演

映画『片袖の魚(仮)』が2021年に公開される。

同作の原案は、文月悠光の詩集『わたしたちの猫』に収録されている『片袖の魚』。『劇場版 喧嘩番長』シリーズ、『はぐれアイドル地獄変』などの東海林毅が脚本と監督を務めるl。文月悠光の詩が映画の原案となるのは今回が初。

主人公のひかり役にイシヅカユウ、友人の千秋役に性別適合手術後に芸能事務所に所属した広畑りかがキャスティング。ひかり役と千秋役はトランスジェンダー当事者の女性俳優を公募し、オーディションが実施された。共演者には猪狩ともか(仮面女子)、田村泰二郎らが名を連ねる。音楽をJimanicaが担当。

イシヅカユウのコメント

新しいことに挑戦するのはいつも不安ですが、お芝居の渦中に身を投じ、自分の中にあるも
のと自分の中に無いものを重ねて一つの像を作る途方もない作業を楽しんでいます。
ご期待下さい。

文月悠光のコメント

とても大切な映画です。文月も監督も主演のイシヅカユウさんも、本作に携わる多くの方にとって『片袖の魚』は大きな「挑戦」になります。それが何より嬉しいです。今はまだ稚魚のような心持ちですが、公開までどうか温かく見守って頂けたら幸いです。

作品情報

『片袖の魚(仮)』

2021年公開予定
監督・脚本:東海林毅 音楽:Jimanica 出演: イシヅカユウ 広畑りか 猪狩ともか 田村泰二郎 ほか 上映時間:30分予定 配給:みのむしフィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 文月悠光が原案 映画『片袖の魚(仮)』にイシヅカユウ、広畑りか出演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて