ニュース

鈴木伸之主演、西森博之の漫画『お茶にごす。』ドラマ化 瀬戸利樹ら共演

連続ドラマ『お茶にごす。』が、地上波放送に先駆け3月5日からAmazon Prime Videoで全12話一挙配信される。

同作は、『今日から俺は!!』『天使な小生意気』などの西森博之が2007年から2009年に『週刊少年サンデー』に連載していた『お茶にごす。』の実写ドラマ版。高校入学を機に「暴力の連鎖を抜け出し平穏な日々を過ごしたい」と願う船橋雅矢が、ひょんなことから入部することになった茶道部で茶道の心得を知り、仲間たちと関わることで少しずつ変わっていくというあらすじだ。

中学最強の不良と恐れられた船橋雅矢役に鈴木伸之がキャスティング。船橋の友達・山田航役を瀬戸利樹、船橋の同級生で茶道部のメンバー・浅川夏帆役を萩原みのり、茶道部の部長・姉崎奈緒美役を久間田琳加が演じる。

鈴木伸之のコメント

「今日から俺は!!」でもご一緒させていただきました、西森先生の作品にまた出演できて嬉しい気持ちでいっぱいです。僕は船橋雅矢を演じさせていただきますが、皆から恐れられていた1人の高校生が茶道部の仲間と“茶道”を通じて人として成長していくお話になっています。
コミカルな登場人物と、人として大切な言葉が沢山詰まった作品ですので、愛すべき茶道部員達を宜しくお願いします!

瀬戸利樹のコメント

以前から西森先生の作品が好きだったので、山田航として出演させていただけることが本当に嬉しいです!ほのぼのした雰囲気に強烈キャラクターが次々と登場し、細かい笑いが満載です。
そんな中ですが、山田は優しくて常識人なのでみなさんの身近にいるような存在なのではと思っています。学ランにテンションが上がりました!船橋と山田の掛け合いには是非ご注目ください!

萩原みのりのコメント

夏帆は狂犬ノラとあだ名をつけられてしまうような女の子です。曲がったことが嫌い。どんな相手にも正面からぶつかる。そして最高に友達想い。2020年夏、監督をはじめとする最強のチームでめちゃくちゃ楽しい青春をおくりました。誰かをあんなに睨んだのも、カメラとあんなに近くで芝居したのも初めてでした。是非、楽しみに待っていてください。

久間田琳加のコメント

高校を卒業してから2年が経ちますが、「お茶にごす。」を通して、学生に戻ることができ嬉しかったです!
ほとんどの共演者のみなさんが年上の方である中、私が演じる姉崎奈緒美は最年長の部長の役だったので、少しでも最上級生にみえるようにと心がけました。
お話の中でとても大切になってくる茶道は、時間をかけて練習を重ねたのでぜひ注目してみていただきたいです!

西森博之のコメント

期待大ですね!お茶の配役で一番大切なのは、マー君を差し置いて部長だと思っています。
モチロン、マー君の半壊ぶりも期待ですが、彼女は話の芯ですからね。楽しみですね。昔の女学生さん!
(山田に夏帆に智花にまた会えるよ!)
お茶を習いに行ったり、お茶会に呼ばれたくなったり、マー君に恐怖するようなお話になっていると思います!
さあ、南米的なものの会員になって早く見よう!

滝山直史(テレビ東京)プロデューサーのコメント

『今日から俺は!!』ドラマ化決定コメントで西森博之先生がネタにされていましたが……
なんと、この度、ついに『お茶にごす。』をドラマ化致します!ヤンキー×茶道という前代未聞の設定で話題を呼び、ヤンキー達から茶道部員まで個性的なキャラクターが数多く登場した原作の魅力を、余すところなく実写にしました。主人公の船橋雅矢は、鈴木伸之さんが時に怖く、時にチャーミングに演じています。失敗しながらも周りの人との交流で成長していく“まークン”から目が離せなくなること間違いなしです。そして今回、CG技術に定評のある制作会社・デジタル・フロンティアさんとご一緒したのですが、まさかのアナログな仕上がりとなりました。ツッコミどころ満載の演出もお楽しみに!

『お茶にごす。』 ©西森博之/小学館 ©「お茶にごす。」製作委員会
『お茶にごす。』 ©西森博之/小学館 ©「お茶にごす。」製作委員会
『お茶にごす。』 ©西森博之/小学館 ©「お茶にごす。」製作委員会
『お茶にごす。』 ©西森博之/小学館 ©「お茶にごす。」製作委員会
『お茶にごす。』 ©西森博之/小学館 ©「お茶にごす。」製作委員会
『お茶にごす。』 ©西森博之/小学館 ©「お茶にごす。」製作委員会
『お茶にごす。』 ©西森博之/小学館 ©「お茶にごす。」製作委員会
『お茶にごす。』 ©西森博之/小学館 ©「お茶にごす。」製作委員会
画像を拡大する(6枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで