藤本タツキの漫画『チェンソーマン』がテレビアニメ化 制作はMAPPA担当

藤本タツキの漫画『チェンソーマン』がテレビアニメ化されることがわかった。

原作は『週刊少年ジャンプ』で連載され、累計発行部数500万部を突破。本日12月14日刊行の『週刊少年ジャンプ』2021年2号で最終回を迎えることが発表されていた。

親が遺した借金を返済するため「ド底辺の日々」を送る少年デンジが、裏切りに遭って殺されたことをきっかけに、共に暮らしていたポチタと契約し、悪魔の心臓を持つ「チェンソーマン」として蘇ることから物語が展開される。制作は『ドロヘドロ』『呪術廻戦』などのMAPPAが担当。

発表とあわせてティザービジュアルが公開された。

藤本タツキのコメント

ドロヘドロと呪術廻戦のパクりみたいなチェンソーマンをドロヘドロと呪術廻戦のアニメ制作会社がやってくれるんですか!?そりゃもう何も言う事ないじゃないですか!!どうかよろしくお願いします!!

MAPPAのコメント

何としてもMAPPAが映像化したいと、心の底から願っていました。『チェンソーマン』の映像化を待ち侘びた世界中のファンの皆様に、スタジオの威信をかけて最高のアニメーションをお届けしたいと思います。

番組情報

『チェンソーマン』

原作:藤本タツキ(集英社) 制作:MAPPA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 藤本タツキの漫画『チェンソーマン』がテレビアニメ化 制作はMAPPA担当

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて