網守将平の約2年ぶり新アルバム『Ex.LIFE』が1月にリリース

網守将平のニューアルバム『Ex.LIFE』が1月22日にリリースされる。

2018年に発売された『パタミュージック』以来のアルバムとなる『Ex.LIFE』には、「演奏者が自らの音を聴けない状態で演奏する」というルールに基づいた「非聴覚作曲」という方法を用いた楽曲など全14曲を収録。参加ミュージシャンには永井聖一(Gt)、西田修大(Gt)、ゴンドウトモヒコ(Eup)、坂本光太(Tub)、増田義基(Facilitator)に加えて、朗読で参加した玉名ラーメンとエレナ・トゥタッチコワが名を連ねる。

レコーディングとミックスは葛西敏彦、マスタリングはラッシャッド・ベッカーが担当。アートワークは三野新、パッケージデザインは川村格夫が手掛けた。

nobleのオンラインショップで購入すると、限定特典として収録楽曲“Non-Auditory Composition No.0”のミュートバージョン“Non-Auditory Composition No.0 - muted”のダウンロードコードが付属。ミュートバージョンは実際に演奏者たちが演奏中に聴いていた状態の音がそのまま収録されており、ファシリテーターの音量操作により突如挿入される無音部分が断続的に出現するという。

リリースに先駆けて、収録曲“Falling on Earth”が公開。

リリース情報

網守将平
『Ex.LIFE』(CD)

2021年1月22日(金)発売 価格:2,300円(税抜) NBL-229
1. Falling on Earth 2. c4jet 3. Insulok 4. wabe 5. Slow up 6. Sarabande 7. Non-Auditory Composition No.0 8. Fossil move 9. Scanning Earth 10. kre 11. Yarn Phone 12. Aphorican Lullaby 13. Impakt 14. Next to Life
  • HOME
  • Music
  • 網守将平の約2年ぶり新アルバム『Ex.LIFE』が1月にリリース

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて