永野芽郁主演×バカリズム脚本×関和亮監督の映画『地獄の花園』5月公開

バカリズム脚本の映画『地獄の花園』が5月から公開される。

真面目に働いて日本の経済を支えるOLたちが、裏で拳による派閥争いを繰り広げる姿を描いた同作。主人公の田中直子が勤務する職場で1人の「カリスマヤンキーOL」が中途採用されたことをきっかけに、直子の会社が全国のOLたちから狙われてしまうというあらすじだ。

「普通のOLライフ」に憧れる田中直子役を演じるのは永野芽郁。Perfume、サカナクション、星野源らのPVを手掛ける関和亮が監督を務める。

今回の発表とあわせて特報映像とティザービジュアルが公開。特報映像には、直子の「一見平和に見える社内も、裏では熾烈な派閥争いなんかがあったりする」という言葉、特攻服を着たOLたちが喧嘩をするシーン、裸にサスペンダー姿の男たちを携えた総務部の「謎の女」が登場する場面、直子が「寝言こいてんじゃねえよブス」と挑発する姿などが確認できる。

特攻服と制服を身に纏った直子の姿が写し出されたティザービジュアルには、「地上最強のOLに成り上がれ!」というコピーが添えられている。

永野芽郁は劇中で本格的なワイヤーアクションを駆使した「肉弾戦アクション」に挑戦。「特攻服を着てみたかった」「着ると“自分強いな”と自信がつく!」と語っている。

永野芽郁のコメント

ごく普通のOLライフに憧れる直子という役を演じておりますが、“なにを言っているんだろう”と思ってしまうほど暴言も吐いています。普段の生活ではなじみのない言葉なので、イントネーションや言葉の吐き捨て方など、合っているのか全くわからず(笑)。そういう点では苦労しましたね。撮影現場はずっと笑いが絶えなかったですし、監督・スタッフそして他の出演者の方みんなで面白い作品になるよう一生懸命頑張りました。きっと今までに見たことのない私をお見せできると思いますし、今までにない大きな作品になっていると思いますので、楽しみに待っていてください。

バカリズムのコメント

今回、「女性のヤンキーものを書いて欲しい」というオファーを頂き、最初は女子高生のバイオレンスな話を書いていたのですが、もっと非現実的でバカバカしくするために関監督に「設定をOLしませんか?」と提案したところ、「面白いですね!」と乗って頂き、そこから関監督の演出でより壮大なバカバカしい映画になりました。これまで関監督とはいろんな作品でご一緒させて頂いていますが、一番バカバカしさに振り切った笑える作品になっていると思います。

関和亮監督のコメント

OL×ヤンキーと言うバカリズム独特の世界観を素敵なキャスト陣が全力で演じております。
ありそうでなかった世界でどんなことが起こっていくかご期待いただければと思います。

作品情報

『地獄の花園』

2021年5月全国公開
監督:関和亮 脚本:バカリズム 出演:永野芽郁 配給:ワーナー・ブラザース映画

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 永野芽郁主演×バカリズム脚本×関和亮監督の映画『地獄の花園』5月公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて