特別催事『フレディ・マーキュリーが愛した日本と文化×栗田美術館』開催

イベント『MUSIC LIFE CLUB presents「ミュージック・ライフが見たクイーン フレディ・マーキュリーが愛した日本と文化×栗田美術館」』が2月9日から栃木・足利の栗田美術館で開催される。

1975年、1976年の来日公演では婦人用の着物を羽織ってステージに立ったフレディ・マーキュリー。その後も来日の度に招き猫、着物、浮世絵、陶磁器、火鉢といった多くの古美術品をイギリス・ロンドンに持ち帰ったほか、1986年にはプライベートで栗田美術館を訪れたという。

文化庁、博物館異分野連携モデル構築事業の一環として行なわれる同イベントは、日本文化を愛したフレディの足跡を辿りつつ、伊萬里焼、鍋島焼の歴史に触れてもらうことを主旨として実施。敷地内をフレディが来館した時と同じコースで巡るガイドツアー、フレディと縁の深い関係者によるトークイベント『クイーンが愛した日本 日本が愛したクイーン』、東京からのバス移動などを組み込んだオフィシャルツアーも予定されている。

2月13日のトークイベントには1970年代のQUEENを撮影した写真家・浅沼ワタル、QUEEN研究家・石角隆行、2月20日は東郷かおる子(『ミュージック・ライフ』)、東芝EMI時代の担当ディレクターの森俊一郎と石井由里、2月27日はえっつい、渡辺音楽出版の洋楽部でQUEENを担当していた柴田敏晴、3月6日はフレディの専属ボディガード伊丹久夫、えっついが登壇する。

イベント情報

『MUSIC LIFE CLUB presents「ミュージック・ライフが見たクイーン フレディ・マーキュリーが愛した日本と文化×栗田美術館」』

2021年2月9日(火)〜3月7日(日) 会場:栃木県 足利 栗田美術館 時間:10:00〜16:30(入館は閉館の30分前まで) 休館日:月曜 料金:一般1,250円 小学生、中学生、高校生500円
  • HOME
  • Art,Design
  • 特別催事『フレディ・マーキュリーが愛した日本と文化×栗田美術館』開催

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて