広瀬アリスがカリスマヤンキーOL役で出演、永野芽郁主演『地獄の花園』

バカリズム脚本の映画『地獄の花園』に広瀬アリスが出演することがわかった。

関和亮が監督を務める同作は、真面目に働いて日本の経済を支えるOLたちが、裏で拳による派閥争いを繰り広げる姿を描い作品。主人公の田中直子が勤務する職場で1人の「カリスマヤンキーOL」が中途採用されたことをきっかけに、直子の会社が全国のOLたちから狙われてしまうというあらすじだ。「普通のOLライフ」に憧れる田中直子役に永野芽郁がキャスティング。公開は5月。

広瀬アリスが演じるのは、次第に直子と友情を育んでいくカリスマヤンキーOL蘭役。今回の発表とあわせて公開されたキャラクター動画「カリスマヤンキーOL蘭」では、通勤途中におろしたての服で喧嘩に巻き込まれた蘭が頭突きをするシーンや、休日に喧嘩に巻き込まれた蘭が相手を投げ飛ばして「ルミネってまだ空いてるかな?」と直子に尋ねる場面などが映し出されている。

広瀬アリスのコメント

蘭という女の子を演じさせていただきました。台本を読んでの感想、撮影を終えての感想はどちらも…「あーーーーーおもしろい!!」とにかく皆さん弾けていて、あんな顔やこんな顔を見ることができます。
脚がアザだらけでも幸せだと思った作品はなかなか無いですね。笑
続編があったらいいな、なんて既に思っています。今この大変な時期ではありますが、そんな中でも笑う事をお届けできる作品に参加させて頂けて本当に嬉しいです。

作品情報

『地獄の花園』

2021年5月全国公開
監督:関和亮 脚本:バカリズム 出演: 永野芽郁 広瀬アリス 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 広瀬アリスがカリスマヤンキーOL役で出演、永野芽郁主演『地獄の花園』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて