ヌトミック+細井美裕『波のような人』4月上演 原案はカフカ『変身』

ヌトミック+細井美裕の舞台『「波のような人」マルチチャンネルスピーカーと俳優のための演劇作品』が4月27日と28日に愛知・名古屋の愛知県芸術劇場で上演される。

フランツ・カフカ『変身』が原案の同作は、「目に見えないデータ」に変身した男とその家族の「変身」を描いた作品。声や心臓の鼓動、血流の音などがマルチチャンネルシステムによって再生され、「鳴っているはずなのに聞こえない音」「通常の人間には出せない音」が作品上に取り入れられる。

『それからの街』で『第16回AAF戯曲賞』大賞を受賞した額田大志(ヌトミック)が作、演出、音楽を手掛け、『第23回文化庁メディア芸術祭』アート部門新人賞を受賞した細井美裕がサウンドデザインを担当。出演者に長沼航、原田つむぎ、深澤しほ、音の出演者に岩渕貞太が名を連ねる。

チケットは3月12日10:00から販売開始。4月28日13:00の回終演後に予約制のバックステージツアーの開催を予定している。

イベント情報

『「波のような人」マルチチャンネルスピーカーと俳優のための演劇作品』

2021年4月27日(火)、4月28日(水)全3公演 会場:愛知県 名古屋 愛知県芸術劇場 小ホール
作・演出・音楽:額田大志 原案:フランツ・カフカ『変身』 サウンドデザイン:細井美裕 出演: 長沼航 原田つむぎ 深澤しほ 音の出演: 岩渕貞太 料金:一般3,000円 U-25券2,500円 高校生以下1,000円
  • HOME
  • Stage
  • ヌトミック+細井美裕『波のような人』4月上演 原案はカフカ『変身』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて