ニュース

園子温監督がインディーズ映画に復帰『エッシャー通りの赤いポスト』秋公開

『エッシャー通りの赤いポスト』 ©2021「エッシャー通りの赤いポスト」製作委員会
『エッシャー通りの赤いポスト』 ©2021「エッシャー通りの赤いポスト」製作委員会

園子温監督の映画『エッシャー通りの赤いポスト』が今秋に東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

「赤いポスト」を起点に物語が展開する『エッシャー通りの赤いポスト』は、園子温監督がインディーズ映画にカムバックし、役者の卵たちと作り上げた作品。鬼才のカリスマ映画監督・小林正の新作のオーディションに「興味本位で応募してきた者」「夫の意思を継ぎ女優を目指す若き未亡人」「『小林監督心中クラブ』のメンバー」「浴衣姿の劇団員」「やらせの有名女優」「殺気立った訳ありの女」が集まる一方で、エグゼクティブプロデューサーの無理な要望に苦悩し、シナリオ執筆もうまく進まない小林監督の目の前に昔の恋人が現れるというあらすじだ。

出演者は、藤丸千、黒河内りく、モーガン茉愛羅、山岡竜弘、上地由真、縄田カノン、鈴木ふみ奈、藤田朋子、田口主将、諏訪太朗、渡辺哲、吹越満。園子温監督が脚本、編集、音楽も手掛け、撮影は2019年2月の心筋梗塞による緊急搬送、入院を経た退院後、同年8月に行なわれた。

今回の発表とあわせて場面写真が公開。なお同作は既に世界6か国の映画祭で上映され、2020年10月に開催された『第49回モントリオール・シネヌーヴォー映画祭』で観客賞を受賞した。今後も『ベルリン批評家週間』を含む4つの映画祭で上映されることが決まっている。

園子温監督のコメント

ワークショップをやる事を決意して、生徒たちを実践的に教えるためには映画を作るしかない、と思い立ち、あれよあれよと言う間に、怒涛の如く始まった。まるで22歳の時にはじめて作った8ミリフィルムの自主映画みたいに情熱だけで作り上げた。あの頃の無心になって追いかけていた映画の神様、映画作りに燃えるマグマみたいな魂を抱えて、もう一度、原点回帰して、邪心ゼロで作っちまった童心映画!
病みつきだぜ!また、やりたい!また、作りたい!

松枝佳紀(アクターズ・ヴィジョン)のコメント

まだ無名の俳優たちを映画の中で活躍させることができたら、どんなに素晴らしいだろう。本作はその願いを叶えてくれました。これは園監督にしか作ることのできない映画です。

デニス・フッター(『ベルリン批評家週間』)のコメント

今回、選考委員会は園子温監督の遊び心とアイロニーに興奮しました。監督としての長いキャリアを経て、このような根源的に繊細な作品を生み出す彼の能力には目を見張ります。『エッシャー通りの赤いポスト』は、今日の日本のインディペンデント映画の”製作の今”を鋭く正確に表現し、映画製作の将来について多くの疑問を投げかけています。

『エッシャー通りの赤いポスト』 ©2021「エッシャー通りの赤いポスト」製作委員会
『エッシャー通りの赤いポスト』 ©2021「エッシャー通りの赤いポスト」製作委員会
『エッシャー通りの赤いポスト』 ©2021「エッシャー通りの赤いポスト」製作委員会
『エッシャー通りの赤いポスト』 ©2021「エッシャー通りの赤いポスト」製作委員会
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性