松重豊&田中要次&小峠英二が「恐竜アニメ」の声優に イメージ曲はCHAI

松重豊、田中要次、小峠英二がテレビアニメ『ダイナ荘びより』のメインキャラクターの声優を担当。イメージソングにCHAIの新曲“愛そうぜ!”が起用されることがわかった。

4月3日からTOKYO MX、BS11で放送開始する『ダイナ荘びより』は、『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』『アグレッシブ烈子』などを手掛けるファンワークス、アニプレックス、ソニー・クリエイティブプロダクツがタッグを組んだオリジナル「恐竜」アニメ。アパート「ダイナ荘」の1室で共同生活するティラノサウルス、トリケラトプス、ステノニコサウルスのアパートライフをショートアニメで描く。

松重豊はティラノサウルス、田中要次はトリケラトプス、小峠英二はステノニコサウルスの声を担当。今回の発表とあわせてキャラクターの声とイメージソングが聞けるPVが公開された。

松重豊のコメント

ティラノサウルスは最強の肉食恐竜ですが、この作品のティラノサウルスは、もちろん肉食ではあるけどゆるくてかわいい。そこに面白みがある、愛されるキャラクターになっていると思います。
アニメ1話1話が非常に短いので、夜のひととき、ホッと一息つく時にこのショートストーリーで心を和ませていただけたら。

田中要次のコメント

トリケラトプスは基本的にあまり会話に関わっていなくて、最後にサクッと心を突き刺す一言を言っちゃうような、マイペースなキャラクターで、言葉数が少ない分、より難しかったです。
アニメは4コマ漫画的な内容になっているので、短くて見やすいと思いますし、なんとなく見ているうちにどんどんクセになっていったらうれしいです。

小峠英二のコメント

そもそも演技ができないのですが、この3匹はトリオのコントでいうと、松重さん演じるティラノサウルスがボケで、田中さん演じるトリケラトプスが大ボケ、僕が演じるステノニコサウルスがツッコミなんです。だからそのまんまの自分でできたように感じています。
脚本がよくできていて、面白いですし、かわいい。恐竜が言葉だけで笑いをとるというのが革新的だなと思っているので、ぜひ楽しんで見ていただきたいです。

番組情報

『ダイナ荘びより』

2021年4月3日(土)から毎週土曜24:57~TOKYO MX、BS11で放送
監督:野中晶史 脚本:細川徹 キャラクターデザイン:うさぎメン 音楽:CHI-MEY アニメーション制作:ファンワークス イメージソング:CHAI“愛そうぜ!” 声の出演: 松重豊 田中要次 小峠英二
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 松重豊&田中要次&小峠英二が「恐竜アニメ」の声優に イメージ曲はCHAI

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて