ニュース

安田顕×山田裕貴 オール福井ロケの映画『ハザードランプ』2022年公開

映画『ハザードランプ』が2022年に全国公開される。

俳優としても活動する榊英雄監督が、『アリーキャット』の清水匡と再びタッグを組み、オール福井ロケを行なった同作。とある地方都市の満月の夜、運転代行ドライバーとしてひっそりと暮らす須貝と、須貝の相棒役となる新人・刈谷の過去が交錯していく様を描くオリジナルストーリーだ。

須貝役で主演を務めるのは、榊英雄監督とは2度目のタッグとなる安田顕。刈谷役を山田裕貴が演じる。詳細は後日発表。

榊英雄監督のコメント

三密回避が常識?になってしまった2021年に福井嶺南にて濃厚な男2人の物語を撮影しました。
主な舞台は車内。密です。
(でも、コロナ対策はもちろんバッチリですよ)
感情息遣い匂いが濃厚に感じる距離です。
運転代行で働く男のほぼ夜一日のお話です。
『ナイト・オン・ザ・プラネット』、『タクシードライバー』、私が大好きな名作は車内の密で作られました。少々こじつけではありますが、それだけ人間の喜怒哀楽が垣間見ることのできる半径1メートルの劇場です。
その劇場の舞台に、登場するのは安田顕さん山田裕貴さん。2人の丁丁発止をお楽しみにして頂けると幸いです。素晴らしいスタッフキャストと福井嶺南地方の皆様に心より感謝申し上げます。

安田顕のコメント

最初はハードボイルド、クールな作品という印象でしたが、結果、様々な人間模様を描いたヒューマンな作品になった気がしております。
約3週間の福井ロケ。連日の雨、風、雪。
お天道様に試されているような現場でした。
各シーン毎、榊監督と話し合いながら撮影に臨みました。
山田裕貴君はじめ、大好きな俳優さん達とご一緒できたこと、榊組のスタッフの皆様と共に撮影できたことに感謝申し上げます。
完成を心待ちにしております。

山田裕貴のコメント

声をかけて頂き思ったのはまた安田顕さんとまたお芝居できることに喜び、有無を言わさず「やりたい」と思いました。以前父と息子として、共演させてもらったときに、自分の父親と接しているような、“本物”の感覚をお芝居で味あわせてもらったことがずっと残っていて、このハザードランプの本を読んだときも、生きた人物たちを、熱く、悲しく、儚く、生きることができる想像がすぐ出来たことを覚えています。
そして、撮影に入れば、まさにそのとおり。
脚本の想像を超えるセッションに、自分の人生より、心が動いているのではないかと、自分の世界を疑いました。
それくらい刺激的で、濃密な時間でした。
福井県でのオールロケ福井の土地、ぬくもりに感謝しています。
ぜひ、お楽しみに。

『ハザードランプ』 ©2022「ハザードランプ」製作委員会
『ハザードランプ』 ©2022「ハザードランプ」製作委員会
『ハザードランプ』 ©2022「ハザードランプ」製作委員会
『ハザードランプ』 ©2022「ハザードランプ」製作委員会
安田顕
安田顕
山田裕貴
山田裕貴
画像を拡大する(4枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで