山崎賢人主演の映画『夏への扉』新公開日が6月25日に決定 場面写真到着

三木孝浩監督の映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』の新公開日が6月25日に決定。場面写真が公開された。

新型コロナウイルス感染症の影響で公開延期となっていた同作は、1956年に発表されたロバート・A・ハインラインのSF小説『夏への扉』の舞台を日本に再構築して実写映画化するもの。愛猫ピートと、亡き父の親友・松下の娘・璃子との日常の中、研究に没頭する日々を送っていた高倉宗一郎が、罠にはめられ、冷凍睡眠から目覚めた2025年の東京で、ヒューマノイドロボットの力を借りて未来を取り戻そうとするというあらすじだ。高倉宗一郎役に山崎賢人、松下璃子役に清原果耶、ヒューマノイドロボット役に藤木直人がキャスティング。主題歌はLiSA“サプライズ”。

場面写真には、宗一郎と璃子が1つのイヤフォンをお互いに片耳ごとに付けて音楽を聴く様子や、コールドスリープから目覚めた宗一郎の姿、璃子がピートを抱える場面などが写し出されている。

作品情報

『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』

2021年6月25日(金)公開
監督:三木孝浩 脚本:菅野友恵 原作:ロバート・A・ハインライン『夏への扉』(ハヤカワ文庫) 音楽:林ゆうき 主題歌:LiSA“サプライズ” 出演: 山崎賢人 清原果耶 夏菜 眞島秀和 浜野謙太 田口トモロヲ 高梨臨 原田泰造 藤木直人 配給:東宝、アニプレックス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 山崎賢人主演の映画『夏への扉』新公開日が6月25日に決定 場面写真到着

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて