映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』4度目の劇場公開決定&新ポスター到着

映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』が5月14日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開される。

ゲオルギー・ダネリヤがメガホンを取った同作は、1986年にソビエト連邦で公開され、約1570万人を動員したSF映画。別の惑星から来た男の「空間移動装置」のボタンを押した建築家マシコフが、学生ゲデバンと共にキン・ザ・ザ星雲にある惑星ブリュクにワープしてしまうことから物語が始まる。

日本ではこれまでに1989年、2001年、2016年に劇場公開されており、現在公開中のSFストップモーションアニメ映画『JUNK HEAD』の堀貴秀監督も「強い影響を受けた作品」と公言。今回はゲオルギー・ダネリヤが自ら監督を務めたアニメーション映画『クー!キン・ザ・ザ』の公開にあわせてリバイバル上映される。

発表とあわせて新たなポスタービジュアルが公開。「地球よ、お前は遠かった」というコピーが添えられている。

作品情報

『不思議惑星キン・ザ・ザ』

2021年5月14日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開
監督:ゲオルギー・ダネリヤ 脚本:レヴァス・ガブリアゼ、ゲオルギー・ダネリヤ 音楽:ギア・カンチェリ 出演: エヴゲーニー・レオノフ ユーリー・ヤコヴレフ スタニスラフ・リュブシン レヴァン・ガブリアゼ 上映時間:135分 配給:パンドラ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』4度目の劇場公開決定&新ポスター到着

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて