住本尚子監督の映画『ふゆうするさかいめ』ポスター&予告編&場面写真

映画『ふゆうするさかいめ』のポスタービジュアル、予告編、場面写真が到着した。

東京・池袋シネマ・ロサの『新人監督特集 vol.7』として、6月12日から1週間限定でレイトショー上映される『ふゆうするさかいめ』は、『日本芸術センター第12回映像グランプリ』に入賞したほか、『第21回 TAMA NEW WAVE』ある視点、『イメージフォーラム ヤング・パースペクティヴ 2020』などで上映された住本尚子監督の初長編映画。毎日眠り過ぎてしまうマリノは、新しい布団を買いに出かけたその日を境に家の中に人影が見えるようになったり、踊れないはずのダンスが自然と踊れるようになったりと不思議なことが続く中、高校時代の幼なじみ・ミノリと再会を果たすが、ミノリが話す2人の思い出はマリノが覚えていないことばかりで、これまでのマリノの静かな日常が少しずつ揺らぎ始めるというあらすじだ。

床ずれができるほど眠ってしまうマリノ役に同作が俳優デビュー作となるカワシママリノ、ミノリ役に鈴木美乃里、寝具販売員のマモル役に尾上貴宏がキャスティング。脚本はカワシママリノに当て書きされたという。

ポスタービジュアルには「今日も 眠って 生きていく」というコピーと共にマリノ、ミノリ、マモルの姿や、住本監督自身が描いた破れた領収書、携帯電話、宙に浮いた手のイラストなどが写し出されている。

予告編では、マリノに過去の記憶がないことからミノリがマリノに詰め寄る様子や、羽毛布団をハサミで切り刻む場面、マリノがアニメーションで表現された通行人たちとすれ違うシーンなどが確認できる。矢崎仁司、ヴィヴィアン佐藤、ゆっきゅんからのコメントも到着。

矢崎仁司のコメント

構想から四年をかけて『ふゆうするさかいめ』を完成させた住本尚子監督は天才だ!と思う。
理解を求める今の映画を破壊する力を持つ映画に出会うと、感じる。さあ、「ここから始めよう」と私も思う。映画を!

ヴィヴィアン佐藤のコメント

住本監督はヴィークル(移動装置)をかくも魅力的にカメラに収める。そして睡眠もまた動かない移動活動だ。
人は引き籠るとシックになり、旅に出るとホームシックになる。羽毛を提供した渡り鳥たちも飛びながらどんな夢を見るのだろうか。

ゆっきゅん(電影と少年CQ)のコメント

今日と明日、つまり過去と今の……現実と夢のさかいめ、あなたの記憶と私の記憶のかなしいさかいめ。
片付くことなく続いていく毎日の中の、抜け道を示してくれるような映画でした。いい布団で寝たい。

作品情報

『ふゆうするさかいめ』

2021年6月12日(土)〜6月18日(金)に池袋シネマ・ロサで1週間限定レイトショー
監督・脚本・撮影・編集:住本尚子 音楽:のっぽのグーニー 主題歌:sei“シースルー・レスキュー” 出演: カワシママリノ 鈴木美乃里 尾上貴宏 ハマダチヒロ 南波俊介 笠井和夫 笠井正子 小島博子 小島信一 横井心梛 伊藤はな 上映時間:65分
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 住本尚子監督の映画『ふゆうするさかいめ』ポスター&予告編&場面写真

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて