ニュース

『やついフェス』オンライン&リアルイベントで開催 第1弾発表で29組

『YATSUI FESTIVAL! 2021』扉絵 アートディレクション:太田雄介、イラストレーション:平井豊果
『YATSUI FESTIVAL! 2021』扉絵 アートディレクション:太田雄介、イラストレーション:平井豊果

やついいちろう(エレキコミック)主催のサーキットイベント『YATSUI FESTIVAL!2021』が6月19日、20日に東京・渋谷エリアで開催。第1弾出演者が発表された。

10周年を迎える『YATSUI FESTIVAL!』。今年は6月19日と20日に視聴無料のオンラインフェスティバルを行なうことに加えて、従来の周遊型イベントとして東京・渋谷エリアのTSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、TSUTAYA O-Crest、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、LOFT9 Shibuyaほかでライブを開催する。

今回出演が明らかになったのは、DJやついいちろう、エレ片、阿佐ヶ谷姉妹、アップアップガールズ(仮)、illiomote、小沢一敬(スピードワゴン)、Kaede(Negicco)、Calmera、吉川友、ザ・ギース、奇妙礼太郎、ゲッターズ飯田、GOING UNDER GROUND、Cody・Lee(李)、佐藤千亜妃、サニーデイ・サービス、渋さ知らズ特別編、曽我部恵一、THE ティバ、でんぱ組.inc、ぱいぱいでか美、ばってん少女隊、#ババババンビ、PARADISES、PIGGS、眉村ちあき、ラブレターズ、れいちも、ワンダフルボーイズの29組。今後も追加出演者の発表を予定している。

オンラインフェスティバルの無料配信を実現するためにクラウドファンディングがスタート。

やついいちろうのコメント

やついフェスは今年も開催します。去年ほとんどのフェスが中止を選択する中、やついフェスはオンラインでの無料フェスとして開催を決め、皆さんからのクラウドファンディング資金だけで無事成功する事ができました。本当にありがとうございました。

そして今年です。さすがに普通にできると思っていましたが、そうはうまくいかないものですね。まだまだ大変な状況が続いている中で未来に楽しい予定を作る事はとても困難です。でも去年3645人もの方がクラウドファンディングに参加して賛同を示してくれた事が大きな力となりました。

今年のやついフェスは二つ挑戦をしたいと思っています。まず一つ目。今年もやついフェスは視聴無料のオンラインフェスとして開催します。有料のオンラインチケットを売ろうという意見ももちろん沢山ありました。そりゃそうです。こっちが無料でやってもお金はかかるんだから。でもやっぱり無料のフェスにしたかった。街を歩いていて「あれなんかやってる?」って感じでお祭りに参加した経験ってありませんか?ああいう幸せをオンラインで作るには無料でやるしかない。移動する先々でチケットを確認されるようなお祭りってお祭りじゃないじゃないですか。だから無料です。

なので今年もクラウドファンディングでお祭り資金を集めようと思います。全て自分達でやってみようと、やついフェスサイトにクラウドファンディングを立ち上げました。リターン品としてやついフェス2021のグッズをお送りします。ここでしか手に入らないものばかりです。どれも欲しくなる素敵なものになったと思います。今年、ここでの資金だけで、もしまた無料オンラインフェスを成功させる事ができれば、もう何があってもずっと開催できると思います。沢山の方の参加よろしくお願いします!

そしてもう一つの挑戦。状況を見ながらになりますが、今年は本来のやついフェスのカタチ、お客さんを入れての周遊フェスとしてもやろうと思っています。こちらは都の条例を厳守しながら、極少数の有料の観覧チケットを販売、の開催になりますが、それでもやってみます。これも何度も話し合い、アーティスト枠ごとにチケットを売ったらどうか?とか、会場ごとにチケットを変えようとか色んな意見が出ました。

でもそれってフェスでしょうか?自由のないお祭りにやる意味なんてないと僕は思います。だからやっぱり自由に移動できるフェスをやります。この完全周遊フェスを成功させるために渋谷の会場を13会場から6会場程度に減らしてやります。そのうえ、どの会場もキャパをグッと減らさないといけないでしょう。感染予防対策もしっかりやります。それでもお客さんの前でやる事でしか生まれないライブが必ずそこにはあるはずです。それが観てみたいし、出てくれるアーティストにも観てくれる全てのお客さんにも体験して欲しい。だからやります。全てやり切る事ができるでしょうか?わかりません。でもやってみます。

Life is not about waiting for the storms to pass...it's about learning to dance in the rain.

今年10周年のやついフェス2021をお楽しみに!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信