熊本城の天守閣が完全復旧 ウェブ動画「おかえり」篇に佐藤健、高良健吾ら

天守閣内部の一般公開に伴い、ウェブ動画「おかえり」篇が本日4月19日に公開された。

熊本は2016年に発生した熊本地震から5年目を迎える今春、熊本城の天守閣を完全復旧。「熊本城特別公開第3弾」として4月26日から天守閣内部の一般公開を開始する。

「おかえり」篇には、熊本出身や縁のある著名人をはじめ、イラストで登場する熊本城主の加藤清正公や地元熊本の城下遺産を守る「城下町ラストサムライ」の人々などが参加。参加者には石川さゆり、岩田徹、上村元三、大西一史、加藤清正、川上靖・千恵、川尻ドリームズ、熊本城工事関係者、熊本県立第一高等学校の人々、くまモン、倉橋恭加、高良健吾、コロッケ、佐藤健、ジーナ、島津亜矢、末續慎吾、田中美久(HKT48)、田山淳朗、長﨑圭作・澄子、西生吉孝、ひごまる、熊本城おもてなし武将隊、舞花、松田邦彦、松永哲典、宮崎美子、八代亜紀、ロアッソ熊本といった29組が名を連ねている。

また熊本市親善大使である11人の著名人によるコメント動画も到着。参加者は、石川さゆり、高良健吾、コロッケ、島津亜矢、末續慎吾、田山淳朗、田中美久、舞花、宮崎美子、八代亜紀、ロアッソ熊本。

本日4月19日からは、九州地方限定でテレビCM「おかえり」篇と映画『るろうに剣心 最終章 THE FINAL』と熊本城のコラボレーションCMが放映開始。4月20日からは九州全域で新聞広告が展開される。

熊本市公式Twitterでは、Twitterキャンペーンを実施。さらに4月29日からは、熊本市民と高良健吾出演によるテレビCM「見上げる」篇が九州限定でオンエアされる。












  • HOME
  • Movie,Drama
  • 熊本城の天守閣が完全復旧 ウェブ動画「おかえり」篇に佐藤健、高良健吾ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて