ニュース

『第25回手塚治虫文化賞』大賞は山下和美『ランド』、特別賞に『鬼滅の刃』

『第25回手塚治虫文化賞』の各受賞作品が発表された。

『第25回手塚治虫文化賞』の選考対象は、2020年に刊行・発表された漫画作品。選考委員には秋本治、桜庭一樹、里中満智子、高橋みなみ、中条省平(学習院大学)、トミヤマユキコ(東北芸術工科大学)、南信長、矢部太郎、朝日新聞社の角田克と古知朋子が名を連ねる。

「年間のベスト作品」が対象となるマンガ大賞は山下和美『ランド』、斬新な表現、画期的なテーマなど清新な才能の作者が対象となる新生賞は『葬送のフリーレン』の原作者・山田鐘人、作画者・アベツカサ、短編、4コマ、1コマなどの作品、作者が対象となる短編賞は野原広子『消えたママ友』『妻が口をきいてくれません』、マンガ文化の発展に寄与した個人、団体が対象となる特別賞は吾峠呼世晴『鬼滅の刃』が受賞した。

そのほかのノミネート作品は、椎名うみ『青野くんに触りたいから死にたい』、山本美希『かしこくて勇気ある子ども』、芥見下々『呪術廻戦』、笹生那実『薔薇はシュラバで生まれる【70年代少女漫画アシスタント奮闘記】』、武田一義、原案協力・平塚柾緒(太平洋戦争研究会)『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』、原作・白井カイウ、作画・出水ぽすか『約束のネバーランド』。

贈呈式は新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮小し、6月3日に朝日新聞東京本社で開催予定。6月25日9:00に受賞記念動画と『記者イベント「白熱の最終選考会を振り返る! 第25回手塚治虫文化賞」』が無料公開される。受賞記念動画は動画メディアbouncyが制作を担当し、受賞者の言葉や、山下和美らの仕事場での様子などが収められるという。

2か月限定で公開される『記者イベント「白熱の最終選考会を振り返る! 第25回手塚治虫文化賞」』には里中満智子、中条省平、矢部太郎、小原篤(朝日新聞)が参加。視聴には事前に朝日新聞デジタルの会員登録が必要となり、公開最終日の8月25日22:00まで申し込みを受け付けている。イベントに登壇する選考委員への質問も募集中。さらに、視聴後にアンケートに回答すると、抽選で25人に受賞者の描き下ろしや受賞の言葉、全社外選考委員の選評などを収めた記念小冊子と『ブラック・ジャック』の記念ピンバッジがプレゼントされる。

山下和美『ランド』表紙 ©山下和美/講談社
山下和美『ランド』表紙 ©山下和美/講談社
山田鐘人、アベツカサ『葬送のフリーレン』表紙 ©山田鐘人・アベツカサ/小学館
山田鐘人、アベツカサ『葬送のフリーレン』表紙 ©山田鐘人・アベツカサ/小学館
野原広子『消えたママ友』表紙 ©野原広子(KADOKAWA)
野原広子『消えたママ友』表紙 ©野原広子(KADOKAWA)
画像を拡大する(10枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察