青木崇高が主演 WOWOWドラマ『邪神の天秤 公安分析班』2022年放送

『連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班』が2022年に放送、配信される。

木村文乃演じる刑事・如月塔子が、鷹野秀昭をはじめとする仲間と共に猟奇殺人事件に挑む『殺人分析班』シリーズを放送してきたWOWOW。捜査一課のエースである鷹野秀昭は前作『連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班』で公安部に異動となった。

麻見和史の『邪神の天秤 警視庁公安分析班』『偽神の審判 警視庁公安分析班』をもとにした『連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班』は、鷹野秀昭を主人公にした新シリーズ。公安部に異動したばかりの鷹野秀昭が、秘密主義が蔓延る公安部で、猟奇殺人事件を解決しようとする姿が描かれる。

鷹野秀昭役を演じるのは、WOWOWオリジナルドラマ初主演となる青木崇高。監督を内片輝、山室大輔、山本大輔、脚本を穴吹一朗、小山正太、成瀬活雄が手掛ける。

青木崇高のコメント

WOWOWオリジナルドラマ初主演が決まった時の印象や意気込み
「石の繭」「水晶の鼓動」「蝶の力学」というWOWOWでしかできないような迫力とリアリティのある三作品を経て、さらにスケールアップした今回の「邪神の天秤」です。
演出の内片監督をはじめ、信頼できる同じスタッフのみなさん、そして新キャストと創れるこの喜びはとてつもなく大きいです。
脚本を読み、実際に演じてみて
脚本化されてもなお物語が魅力的なのはやはり麻見和史先生の素晴らしい原作のおかげです。
主人公の鷹野は私自身が大ファンなのでまた演じることができて大変嬉しいです。演出、スタッフ、キャストに支えられ、さらに魅力的なキャラクターになっていると思います。
視聴者へのメッセージ
「公安」については職務上、世間に知られていないためか、あまりいい印象に描かれることが少ないと思われます。
しかし、間違いなく彼らは、強い信念をもって捜査に向き合っています。
映像、美術、ストーリーのクオリティは、他の警察ドラマでは観られないレベルだと断言できます。
このような状況下ですが、スタッフ、キャスト一丸となって創っております。ぜひご期待ください。

麻見和史のコメント

『邪神の天秤 警視庁公安分析班』のドラマ化が決定したときの印象
今回、ドラマの企画段階から打ち合わせに参加させていただきました。これまで刑事部にいた鷹野秀昭が、公安部に異動してどのような捜査を行うのか──。それを考えるのは、原作者である私にとっても非常に新鮮で刺激的な経験でした。ドラマ制作チームの方々と意見交換しながら原作の執筆を進め、緊張感のある物語が出来上がったと感じています。プロジェクトの関係者全員で練り上げたシナリオが、どのような形で映像化されるのかとても楽しみです。

番組情報

『連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班』

2022年に放送、配信
監督:内片輝、山室大輔、山本大輔 脚本:穴吹一朗、小山正太、成瀬活雄 原作:麻見和史『邪神の天秤 警視庁公安分析班』『偽神の審判 警視庁公安分析班』(講談) 出演: 青木崇高 ほか
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 青木崇高が主演 WOWOWドラマ『邪神の天秤 公安分析班』2022年放送

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて