ニュース

「モンスター・メイクの神様」リック・ベイカー作品集『メタモルフォシス』

リック・ベイカーの評伝、作品集『メタモルフォシス リック・ベイカー全仕事』が6月下旬頃に1000部限定で刊行。現在予約を受け付けている。

『アカデミー賞』メイクアップ&ヘアスタイリング賞を7回受賞した特殊メイクアップアーティストのリック・ベイカー。これまでにマイケル・ジャクソン“Thriller”のPVをはじめ、映画『狼男アメリカン』『ハリーとヘンダスン一家』『メン・イン・ブラック』『エクソシスト』『デス・レース2000年』『キングコング』『ケンタッキー・フライド・ムービー』『スター・ウォーズ』『ビデオドローム』『愛は霧のかなたに』『星の王子ニューヨークへ行く』『グレムリン2』『エド・ウッド』『ナッティ・プロフェッサー』『PLANET OF THE APES/猿の惑星』『もしも昨日が選べたら』『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』『マレフィセント』などに参加している。

J・W・リンズラーによる同書は、リック・ベイカーの約50年間、総110作品の業績を700ページ以上のフルカラーで収録。1800点以上のスケッチに加えて、関係者の寄稿、“Thriller”『狼男アメリカン』『ビデオドローム』『星の王子 ニューヨークへ行く』『エド・ウッド』『メン・イン・ブラック』『PLANET OF THE APES/猿の惑星』、未完に終わり、後に『E.T.』となった『Night Skies』のエピソードなどが掲載される。2巻構成となり、翻訳は北川玲が担当。

リック・ベイカーのコメント

こんな人生を送るとは夢にも思っていなかった。世界を見、有名人に会い、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムの星までもらった。まったく、クレイジーじゃないか? 本書を楽しんでいただきたい。僕が自分の人生を歩み、作品を作って楽しんできたように。

ジョン・ランディスのコメント

リックは世界的に有名な映画製作者とも、正真正銘の駄作製作者とも仕事をしてきた。写真やデッサン満載のこの2巻セットは、彼の名人技に捧げるべく作られた。リックにまつわる興味深い話がたくさんあるんだ。

ピーター・ジャクソンのコメント

リックは常に最高水準のものを生み出してきた。きわめて詳細に書かれた本書のなかでJ・W・リンズラーが記しているように、リックは仕事の質を落とすことなく、荒波を渡っていく方法を見出したんだ。

ディック・スミスのコメント

リックに電話し、もう私を追い越していることを告げ、きみを誇りに思うと言った。だが、私の本心だと言ってもリックは事実を認めようとしない。この本を読み、彼の天才ぶりを目にしたら、あの老人は正しかったとリックに一筆書き送っていただきたい。

J・W・リンズラー『メタモルフォシス リック・ベイカー全仕事』刊行告知ビジュアル
J・W・リンズラー『メタモルフォシス リック・ベイカー全仕事』刊行告知ビジュアル
J・W・リンズラー『メタモルフォシス リック・ベイカー全仕事』
J・W・リンズラー『メタモルフォシス リック・ベイカー全仕事』
J・W・リンズラー『メタモルフォシス リック・ベイカー全仕事』刊行告知ビジュアル
J・W・リンズラー『メタモルフォシス リック・ベイカー全仕事』刊行告知ビジュアル
J・W・リンズラー『メタモルフォシス リック・ベイカー全仕事』刊行告知ビジュアル
J・W・リンズラー『メタモルフォシス リック・ベイカー全仕事』刊行告知ビジュアル
画像を拡大する(11枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」