『不思議惑星キン・ザ・ザ』の釣鐘形宇宙船がアップリンク吉祥寺に出現

映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』に登場する「釣鐘形宇宙船ペペラッツ」が東京・アップリンク吉祥寺に出現した。

5月14日から4度目の日本公開が始まるオルギー・ダネリヤ監督の『不思議惑星キン・ザ・ザ』は、別の惑星から来た男の「空間移動装置」のボタンを押した建築家マシコフが、学生ゲデバンと共にキン・ザ・ザ星雲にある惑星ブリュクにワープしてしまうことから物語が始まるSF映画。同日からダネリヤ監督自身が同作をアニメ化した『クー!キン・ザ・ザ』も公開される。

「釣鐘形宇宙船ペペラッツ」の高さは2メートル超で、アップリンク吉祥寺内のロビー、通路など、どこでも移動できる大きさとなっており、キン・ザ・ザ星雲プリュク星では価値があるマッチがぶら下がっているとのこと。映画館スタッフによれば、この宇宙船は単なる物体であり、何の機能性や使い道もないという。


作品情報

『不思議惑星キン・ザ・ザ』

2021年5月14日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開
監督:ゲオルギー・ダネリヤ 脚本:レヴァス・ガブリアゼ、ゲオルギー・ダネリヤ 音楽:ギア・カンチェリ 出演: エヴゲーニー・レオノフ ユーリー・ヤコヴレフ スタニスラフ・リュブシン レヴァン・ガブリアゼ 上映時間:135分 配給:パンドラ
作品情報

『クー!キン・ザ・ザ』

2021年5月14日(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開
監督:ゲオルギー・ダネリヤ、タチアナ・イリーナ 音楽:ギア・カンチェリ 声の出演: ニコライ・グベンコ イワン・ツェフミストレンコ アンドレイ・レオノフ 上映時間:92分 配給:パンドラ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『不思議惑星キン・ザ・ザ』の釣鐘形宇宙船がアップリンク吉祥寺に出現

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて