矢部太郎が挿絵を担当 サン=テグジュペリ『星の王子さま』6月刊行

矢部太郎が挿絵を手掛けた『星の王子さま』が6月16日に刊行される。

パイロットで作家のサン=テグジュペリの著書『星の王子さま』。ポプラ社が3月に創刊したコミュニティー型レーベル「キミノベル」から刊行される同書には、矢部の35点以上の挿絵が収録されている。翻訳は加藤かおりが担当。

今回のコラボレーションは、作品の世界観を壊すことなく、オリジナリティーを感じさせる絵が描ける人物を探していた編集者が、矢部がテレビ番組で『星の王子さま』について「複雑なことを抽象化して物語にしていて、すごいなと感じています。いつか、こんな本を書けたらいいなと思っています」と語っている姿を見て依頼し、実現したという。

書籍情報

『星の王子さま』

2021年6月16日(水)発売予定
著者:サン=テグジュペリ 絵:矢部太郎 訳者:加藤かおり 価格:650円(税抜) 発行:ポプラ社
  • HOME
  • Book
  • 矢部太郎が挿絵を担当 サン=テグジュペリ『星の王子さま』6月刊行

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて