石井裕也監督『アジアの天使』韓国「propaganda」制作のビジュアル3種到着

石井裕也監督の映画『アジアの天使』のメインビジュアルが到着した。

7月2日から公開される同作は、石井監督が韓国人キャスト、スタッフと共にオール韓国ロケで挑んだ作品。韓国・ソウルに渡り、兄に言われるがままに怪しい化粧品の輸入販売を手伝う小説家・青木剛、剛の息子・学、自身の歌いたい歌を歌えないことに悩みながらも兄と妹を養うために芸能活動を続けるソルたちが、「ある奇跡」を目の当たりにする姿を描く。青木剛役に池松壮亮、8歳の学役に佐藤凌、剛の兄役にオダギリジョー、資本主義社会に弾かれた元人気アイドルのソル役にチェ・ヒソがキャスティング。

メインビジュアルのデザインを手掛けたのは「propaganda」。チェ・ジウン、パク・ドンウ、イ・ドンヒョンの3人のデザイナーによる韓国の映画デザイン会社で、これまでに日本映画『溺れるナイフ』『愚行録』『あん』、韓国映画『はちどり』『新感染 ファイナル・エクスプレス』、ドラマ『愛の不時着』の韓国版ビジュアルなどを担当している。

メインビジュアルはA、B、Cの全3種を用意。AとBには「傷だらけの人生。でも、自由だ。」というコピーが添えられている。Cには韓国版のタイトル『あなたは信じないだろうけど』と「天使と出会った」というコピーがハングル文字で写し出されている。

作品情報

『アジアの天使』

2021年7月2日(金)からテアトル新宿ほか全国で公開
監督・脚本:石井裕也 音楽:パク・イニョン 出演: 池松壮亮 チェ・ヒソ オダギリジョー キム・ミンジェ キム・イェウン 佐藤凌 配給:クロックワークス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 石井裕也監督『アジアの天使』韓国「propaganda」制作のビジュアル3種到着

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて