下北沢に新商業空間「reload」6月開業 オープン企画に坂口恭平の個展など

新たな商業空間「reload」が6月16日に東京・下北沢にオープンする。

GREENINGが運営する「reload」は、小田急電鉄が推進する鉄道跡地開発プロジェクト「下北線路街」の一環として開業。下北沢の地域に根付いた人、店、カルチャーを大切にしながらも、日々住民とのコミュニケーションを重ねていくテナントや、都度表情を変えていくポップスペースを掛け合わせることで、完成することなく変わり続ける場であること、新たな歴史を更新していく施設となるよう「reload」と名付けられたという。

「reload」は全24棟からなる路面分棟式を採用。OGAWA COFFEE LABORATORY、MASUNAGA1905、TAKESHI'S BARBER、SANZOU TOKYO、GREAT BOOKS、しもきた茶苑大山、CYAN -vintage&used-、chotto、FLUX CONDITIONINGS、DESK LABO、FLUX CAFE、立てば天国といった店舗に加えて、イベントスペースPOP UP SPACE、ENTRANCE HALLが順次展開される。設計をジェネラルデザイン一級建築士事務所、ランドスケープデザインをDAISHIZENが担当。

GREAT BOOKSでは6月16日からオープン企画として坂口恭平の個展『Fresh Like This』を開催。活動拠点である熊本の自然をモチーフに、畑へと向かう道、湖や海など日常の世界を坂口の視点で観察して描いたパステル画から選出された20点の作品が展示、販売される。作品は店舗のオープンに先駆けてGREAT BOOKSのオンラインストアで先行公開、販売予定。

ENTRANCE HALLでは6月16日から『SHIMOKITA ZINE MARKET』を実施。アートやファッションシーンで人気のある書店、レーベル、アーティストによるZINEの展示、販売に加えて、オリジナルのZINEを作れるワークショップが行なわれる。

POPUP SPACEでは6月16日から『PASCAL MARIE DESMARAIS temporary SHOP“STUDIO WORK”』がスタート。ファッションを通じてサステナブルな活動、発信を続けているPASCAL MARIE DESMARAISのアイテムを販売するほか、イベント、トークショー、ムービー視聴会などを開催予定だ。

イベント情報

坂口恭平『Fresh Like This』

2021年6月16日(水)~6月27日(日) 会場:東京都 下北沢 reload GREAT BOOKS 営業時間:12:00〜19:00 休廊日:月曜
イベント情報

『SHIMOKITA ZINE MARKET』

2021年6月16日(水)〜6月20日(日) 会場:東京都 下北沢 reload ENTRANCE HALL
イベント情報

『PASCAL MARIE DESMARAIS temporary SHOP“STUDIO WORK”』

2021年6月16日(水)〜8月15日(日) 会場:東京都 下北沢 reload POPUP SPACE
  • HOME
  • Life&Society
  • 下北沢に新商業空間「reload」6月開業 オープン企画に坂口恭平の個展など

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて