伊藤万理華主演『サマーフィルムにのって』青春の1コマを切り取った新写真

松本壮史監督の映画『サマーフィルムにのって』の場面写真が到着した。

『第33回東京国際映画祭』特別招待作品に選出された同作の主人公は、時代劇映画オタクの高校3年生ハダシ。武士役として理想的な凛太郎と出会ったハダシは、幼なじみのビート板、ブルーハワイを巻き込んで文化祭で上映する映画の制作に乗り出すが、凛太郎の正体はタイムトラベルしてきた未来人だったというあらすじだ。黒澤明やマキノ雅弘作品などを溺愛するハダシ役に伊藤万理華、凛太郎役に金子大地、ビート板役に河合優実、ブルーハワイ役に祷キララがキャスティング。8月6日から公開される。

場面写真には、ハダシ、凛太郎、ビート板、ブルーハワイに加えて、板橋駿谷演じるハダシの相棒ダディボーイ、小日向星一演じる録音担当の駒田と池田永吉演じる増山、篠田諒演じる照明担当の小栗からなる「ハダシ組」の集合シーン、ハダシたちが撮影する場面や編集作業に明け暮れる様子、「キラキラ恋愛映画」を撮るライバル「花鈴組」の姿などが写し出されている。

作品情報

『サマーフィルムにのって』

2021年8月6日(金)から新宿武蔵野館、WHITE CINE QUINTOほか全国で公開
監督:松本壮史 脚本:三浦直之(ロロ)、松本壮史 主題歌:Cody・Lee(李)“異星人と熱帯夜” 出演: 伊藤万理華 金子大地 河合優実 祷キララ 小日向星一 池田永吉 篠田諒 甲田まひる ゆうたろう 篠原悠伸 板橋駿谷 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 伊藤万理華主演『サマーフィルムにのって』青春の1コマを切り取った新写真

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて