妻夫木聡と蒼井優がNHK終戦ドラマで夫婦役 「生体解剖」の罪と向き合う

『終戦ドラマ「しかたなかったと言うてはいかんのです」』が8月13日にNHK総合で放送される。

NHK名古屋とNHK大阪が制作する同作は、熊野以素の書籍『九州大学生体解剖事件――70年目の真実』をもとにしたヒューマンサスペンス。米兵捕虜の人体実験手術に関わってしまい、戦犯裁判で死刑判決を受けた西部帝国大学医学部助教授の鳥居太一が、彼を死刑から救おうと奔走する妻・房子の思いと、死刑囚たちとの新たな出会いによって、これまで目を背けていた本当の罪に気づいていく姿を描く。脚本を古川健、演出を田中正、音楽を小林洋平が担当。

鳥居太一役を演じるのは妻夫木聡。教授に人体実験手術の中止を進言するも、終戦後に戦犯となってしまうという役柄だ。裁判で歪められた真実を明らかにしようとする鳥居房子役に蒼井優がキャスティング。

このほか、捕虜処刑事件で死刑囚となった元軍人・冬木克太役を永山絢斗、捕虜の実験手術を実行する西部帝国大学医学部第一外科教授・石田幸三役を鶴見辰吾、西部軍司令部に捕らわれていた米兵捕虜8人を実験手術に提供した進藤直満役を山西惇、太一の父・鳥居一郎役を辻萬長、元陸軍中将の死刑囚・岡島孝輔役を中原丈雄、戦犯裁判の弁護側通訳として活動し、房子の協力者となる三浦清子役を若村麻由美が演じる。

妻夫木聡のコメント

“自らの責めは自らが負わねばならない”罪とは何か、生きるとは何か、ひたすらに自分と向き合い続ける日々です。人間は愚かな生き物であります。しかし、誰かを思いやる温かい心になれるのもまた人間です。人としてあるべき姿とは何か、今一度この時代に問いかけられているような気が致します。時代や環境が変われど、一つ一つの命の重みに変わりはありません。
作品を通じて、命の尊さを感じて頂ければ幸いです。

蒼井優のコメント

胸が締め付けられるようなシーンがたくさんありますが、妻夫木さんが演じられる太一を信じ、最後の最後まで丁寧に演じて行けたらと思っています。
タイトルに見合う作品になることを期待しながら、精一杯頑張ります。

番組情報

『終戦ドラマ「しかたなかったと言うてはいかんのです」』

2021年8月13日(金)22:00〜NHK総合で放送
脚本:古川健 演出:田中正 原作:熊野以素『九州大学生体解剖事件――70年目の真実』 音楽:小林洋平 出演: 妻夫木聡 蒼井優 永山絢斗 鶴見辰吾 山西惇 辻萬長 中原丈雄 若村麻由美 ほか
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 妻夫木聡と蒼井優がNHK終戦ドラマで夫婦役 「生体解剖」の罪と向き合う

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて