池松壮亮×オダギリジョー×石井裕也監督『アジアの天使』予告編到着

石井裕也監督の映画『アジアの天使』の予告編が到着した。

7月2日から公開される同作は、石井監督が韓国人キャスト、スタッフと共にオール韓国ロケで挑んだ作品。韓国・ソウルに渡り、兄に言われるがままに怪しい化粧品の輸入販売を手伝う小説家・青木剛、剛の息子・学、自身の歌いたい歌を歌えないことに悩みながらも兄と妹を養うために芸能活動を続けるソルたちが、「ある奇跡」を目の当たりにする姿を描く。青木剛役に池松壮亮、8歳の学役に佐藤凌、剛の兄役にオダギリジョー、資本主義社会に弾かれた元人気アイドルのソル役にチェ・ヒソがキャスティング。

予告編では、決死の覚悟で韓国にやってきた剛と学を「シャレじゃねえか」と一笑に付しながら迎える兄の姿をはじめ、剛が1人で泣き伏せているソルを日本語で励まそうとする様子、「異国の地で、不思議な旅が始まる。」というコピー、剛が兄やソルたちと共に旅に出る場面、「この広い世界、どんな天使がいてもいい。」という言葉や、東洋人の男性のような風貌の「人の肩を噛む」天使が登場する場面などが確認できる。

石井監督は、オダギリジョー主演のテレビドラマ『おかしの家』でも使用していた「人を噛む天使」を『アジアの天使』で2つの家族を繋ぐ要素として登場させている。「天使というのはこうあるべきだ」と誰かが勝手に決めた価値観や固定観念に囚われなくてもいい、という作品全体のメタファーになっているとのこと。

作品情報

『アジアの天使』

2021年7月2日(金)からテアトル新宿ほか全国で公開
監督・脚本:石井裕也 音楽:パク・イニョン 出演: 池松壮亮 チェ・ヒソ オダギリジョー キム・ミンジェ キム・イェウン 佐藤凌 配給:クロックワークス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 池松壮亮×オダギリジョー×石井裕也監督『アジアの天使』予告編到着

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて