ラジニカーントが復讐の裁きを下す 映画『ダルバール 復讐人』7月公開

インド映画『Darbar(原題)』が『ダルバール 復讐人』の邦題で7月16日から東京・新宿ピカデリーほかで2週間限定公開される。

同作は『ムトゥ 踊るマハラジャ』などで知られるラジニカーントが主演を務めるアクション作品。ムンバイ市警察長官に就任したアーディティヤ・アルナーチャラムが、ムンバイにはびこる麻薬密売組織の壊滅を目指して摘発するが、組織の恨みを買い、最愛の娘ヴァッリと共に襲われたことをきっかけに警察官としての正義を捨て復讐人と化すというあらすじだ。「ダルバール」の意味は「裁判」。

娘を溺愛するアーディティヤ・アルナーチャラム役にラジニカーント、ヴァッリ役にニヴェーダ・トーマスがキャスティング。監督は『サルカール 1票の革命』などで知られるA.R.ムルカダースが務めた。

今回の発表とあわせてポスタービジュアルと予告編が公開。ポスタービジュアルは、正義感の強かったアーディティヤ・アルナーチャラムが復讐人に変化した様子を表現した内容となっている。また予告編には、アーディティヤ・アルナーチャラムのアクションシーンや、カーチェイス、ダンスなどが映し出されている。

作品情報

『ダルバール 復讐人』

2021年7月16日(金)から新宿ピカデリーほかで2週間限定公開
監督:A.R.ムルガダース 出演: ラジニカーント ナヤンターラ ニヴェーダ・トーマス ヨーギ・バーブ ほか 上映時間:158分 配給:ツイン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ラジニカーントが復讐の裁きを下す 映画『ダルバール 復讐人』7月公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて