映画『愛について語るときにイケダの語ること』にしりあがり寿らがコメント

映画『愛について語るときにイケダの語ること』に寄せられた新たな著名人コメントと予告編が到着した。

6月25日から東京・アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開される同作は、四肢軟骨無形成症のイケダこと池田英彦の初監督、初出演作にして遺作となった作品。スキルス性胃癌ステージ4の宣告を受け、「生きているうちにセックスをたくさんしたい」と考えたイケダは、20年来の友人・真野勝成を巻き込み、虚実入り乱れた映画の撮影を始めた。彼は約2年間の闘病後、「僕が死んだら必ず映画館で上映してほしい」と言い残し、不特定多数の女性との性行為などを記録した60時間以上の映像を遺して逝去。脚本と撮影を真野勝成が手掛け、構成と編集を担当した佐々木誠と共にプロデューサーを務めた。

新たにコメントを寄せたのは、しりあがり寿、山下敦弘、前田弘二、堀井威久麿、相澤虎之助(空族)、ヴィヴィアン佐藤、睡蓮みどり、巻来功士、片山萌美。

予告編では、イケダが恋人らしき人物に「人にさあ、愛してるって言ったことある?」と尋ねる姿をはじめ、手術痕のある上半身を晒して抗がん剤治療を続けている最中と語る場面、「残されたのは膨大なセックスの記録――」というテロップ、延命治療を続けて瘦せこけてしまったイケダの「(この映画には)俺のダークな、ダークサイドが出てくるから。それをフィクションとして出すのか、ノンフィクションという形で出すのか」という言葉、引き出しのブラジャーを漁る様子や半裸でベッドに向かうシーンなどが確認できる。

しりあがり寿のコメント

エンターテイメントでも芸術でもなく、「全人類」必修!生きることヤルことの「基礎教養」。

山下敦弘のコメント

昔のAVみたいな画質に風俗嬢とコビト症のイケダさんが絡み合っている。不思議と猥褻さは無い。ホドロフスキーの映画や“ザ・ノンフィクション”を思い出したりしてたら、滝藤賢一に似てしまったイケダさんが出てきて映画が終わった。試写室を出て新橋駅に向かう途中、急に涙が出そうになったけど、ここで泣いたらあの世のイケダさんにニヤニヤされそうで我慢した。悲壮感ゼロの壮絶な生き様でした。

前田弘二のコメント

ずっと、池田さんの魅力にやられっぱなしでした。
まるで池田さんのマジックにかかったように、出会う人もみんな魅力に溢れてて、ニンマリしちゃう。
カメラを向ける真野さんと池田さんとの関係が微笑ましいし、羨ましいしで。
なんて素敵な、青春バディムービーなんだ!と思いました。
みんなにはこの映画はどう映るんだろう。どんなマジックをかけられるんだろう。
どう観てもらってもいいよって言ってくれてるような、自由で寛容な映画。
僕、大好きです!

堀井威久麿のコメント

可哀想で、守られるべき、小人。
そんな私たちが漠然と思い描いている障害者像を、イケダは完膚無きまでに破壊してくれる。
彼も我々と同じく清濁様々な欲望を持ち、必死に生きてる、普遍的な人間の一人なのだ。
表現の自由と禁忌の境界線をめぐるスリリングな冒険。
本当に揺さぶられた。
必見の一作。

相澤虎之助(空族)のコメント

イケダさんの瞳、その体を支える手のネイル。倒れたプーさん。そして登場人物たちのはにかんだ笑顔と笑い声。この映画は愛についての映画ではなく、愛の映画だと思う。それは観せることではなく与えることに賭けた映画だからだ。ハムレットの言葉を借りるならば“いつかの亡霊(愛)は悪魔の仕業やもしれぬ。もっと確かな証拠が欲しい。それには芝居こそもってこいだ”キックボードに乗ったイケダさんは軽やかにラインを越える。

ヴィヴィアン佐藤のコメント

イケダは「愛」について行動し、考察する。
それと同時に、カメラの前では「演技をする自分」について言及する。
カメラという呪術的な道具は、「愛」と「演技」を持って、「生」と「死」を丸裸にしてしまう。映像はいつしかイケダの裸体を何度も通り抜け、何物かを映し出す。
メディアとは常に遺され、残された者たちへの遺言となる。

睡蓮みどりのコメント

嘘とか本当とかどうでもよくって、セリフかセリフじゃないかもどうでもよくって、ただ小さな身体を通して語られる言葉や、言葉にしなかったことが、耳や目に残り反響を続けている。会ったこともないけれど、私は確かにイケダさんと出会うことができました。

巻来功士のコメント

池田さんといえば、以前我が家で会食した時の事を思い出す。
その時と同じ穏やかさの彼がそこにいた。
抗えないモノ(死)までハンディキャップの一つとして受け入れようとする強さが画面にあった。
淡々とした表情は五体満足なのにどこかが病んでいるボクらの心に微笑みかける。
そして、力を与えてくれる。

片山萌美のコメント

『あー、面白かった』
と、正直に思った。
あっという間に時間が過ぎ、池田さんの愛を、人生の一部を見せてもらえたのは、贅沢で濃厚なひと時。この映画に心臓鷲掴みにされる人多いんじゃないかな。
ちなみに私もそのひとりです。

作品情報

『愛について語るときにイケダの語ること』

2021年6月25日(金)からアップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開
監督:池田英彦 脚本:真野勝成 出演: 池田英彦 毛利悟巳 上映時間:58分 配給:ブライトホース・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 映画『愛について語るときにイケダの語ること』にしりあがり寿らがコメント

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて