石井裕也監督の映画『アジアの天使』池松壮亮の息子役・佐藤凌にフォーカス

石井裕也監督の映画『アジアの天使』のメイキング映像と写真が到着した。

7月2日から公開される同作は、石井監督が韓国人キャスト、スタッフと共にオール韓国ロケで挑んだ作品。韓国・ソウルに渡り、兄に言われるがままに怪しい化粧品の輸入販売を手伝う小説家・青木剛、剛の息子・学、自身の歌いたい歌を歌えないことに悩みながらも兄と妹を養うために芸能活動を続けるソルたちが、「ある奇跡」を目の当たりにする姿を描く。青木剛役に池松壮亮、8歳の学役に佐藤凌、剛の兄役にオダギリジョー、資本主義社会に弾かれた元人気アイドルのソル役にチェ・ヒソがキャスティング。

メイキング映像には、食卓を囲むシーンの合間につまみ食いをする佐藤凌を池松壮亮とチェ・ヒソが見つめる一幕や、クランクアップで佐藤が「皆さん、ありがとうございました。とてもとても楽しい毎日でした。また、皆さんと会えるように頑張ります。そのためには、ぼくは何でも諦めません!」と挨拶し、韓国語で「僕は諦めない」という意味の「チョヌンポギアネヨ!」で締める姿、涙を流す佐藤をチェ・ヒソが抱きしめる様子などが映し出されている。

舞台で演技経験を積んだ8歳の佐藤は同作で映画デビュー。オーディションで石井監督に見出だされ、母親と共に韓国に渡り、昨年2月から約1か月半におよぶ韓国での撮影を乗り切った。自身の役について佐藤は「お母さんを亡くした学は、お母さんに会いたいと思っています。韓国に渡ってとても勇気がある子だと思います」と述懐。思い出に残っているシーンについて、学が海を見に行く場面を挙げ、「学は、海にいったらまたお母さんにまた会えるんじゃないかと思っているんです」と学の気持ちを代弁した。学が大切に持っている家族写真にも触れ、学がところどころで写真を眺めるシーンが印象的だとも語った。

また、父親役の池松との撮影について「池松さんは僕の撮影が終わるまで待っててくれたり、オレンジジュースを買ってくれたり、本当に優しくしてくれました」とコメント。池松も佐藤について「まだ8歳の凌が韓国にきて、初めて映画という冒険に参加していましたので、僕自身も、凌自身もこの撮影が人生の特別な時間になったらいいなと思っていました。また父親としてなのか、同じ俳優としてなのか、男としてなのかは分かりませんが、凌の成長を見たかったというのはあります」と述べている。

作品情報

『アジアの天使』

2021年7月2日(金)からテアトル新宿ほか全国で公開
監督・脚本:石井裕也 音楽:パク・イニョン 出演: 池松壮亮 チェ・ヒソ オダギリジョー キム・ミンジェ キム・イェウン 佐藤凌 配給:クロックワークス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 石井裕也監督の映画『アジアの天使』池松壮亮の息子役・佐藤凌にフォーカス

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて