高田賢三の初ドキュメンタリー映画『# KENZO TAKADA』が今年公開予定

高田賢三(「高」ははしごだか)の初ドキュメンタリー映画『# KENZO TAKADA』が今年公開される。

昨年に新型コロナウイルス感染症の合併症により、同作の撮影中に81歳で逝去した高田賢三。高田の最期の2年間を記録した同作では、彼が80歳になった自分と向き合うための自画像制作に密着しつつ、ファッションやライフスタイルを通して世界中に「自由」「色彩」「文化の多様性」を与えた半世紀以上に渡るクリエイションと葛藤を振り返る。監督は中山章太郎。

なお、東京・代々木の文化学園服飾博物館では、『Dreams - to be continued - 高田賢三回顧展』を6月27日まで開催中。1970年から80年代のコレクションアーカイブやファッション資料に加えて、文化学園所蔵の写真や彼の人生、ファッションデザイナーとしての功績を紹介している。

中山章太郎監督のコメント

この映画の撮影を始める二年前(2017年)、とあるTVドキュメンタリー番組の制作の中で、私はパリ在住の高田賢三さんを取材することになりました。二、三週間くらい事務所のデスクで取材のための下調べをするうち、私の中で賢三さんのドキュメンタリーを撮りたいという考えが、ふつふつと湧いてきました。
海を渡っての挑戦、成功と挫折、恋と別れ、「この人の人生は映画になる」と思える方と実際に出会える機会はめったにありません。
そして賢三さんについてのドキュメンタリー映画は、まだありませんでした。
私自身、これから自分はどう生きていくのだろうと悩んでいた時期でもあり、もしかしてこの映画を作れば、その答えも分かるのではないかという希望も合わさり、思い切ってプロデューサーに、賢三さんのドキュメンタリー映画を撮りたいと相談したのが始まりでした。
来日していた賢三さんに撮影を申し出たのは、皇居のそばにある高級ホテルのレストランでした。その時の私はあまりに緊張していたので、何を話したかあまり記憶がありません。ただ印象に残っているのは、落ち着いた優しい賢三さんの話し声と、「自分なんかが映画になるかな?」と不安そうにしていたことです。
映画制作を進める中、多くの賢三さんの友人にお会いしました。その誰もが賢三さんのことを、本当に大切に思っているのが伝わってきました。周りにいる人たちは、常に賢三さんに心を配り、気にかけていました。放っておけないと思わせる、そういう魅力が賢三さんにあるのだと思います。
賢三さん自身は、自分のやりたいこと、すべきことが、いつも明確に分かっている人でした。80歳になっても毎日仕事をしたり、絵を描いたり、ピアノを練習したり、ジムで運動したり、忙しく何かに取り組んでいました。
また多くの人が言うように、どんな時も楽しむこと、喜びを感じることを大切にしていました。取材が終わるといつもシャンパンを出してくれて、色んなお話をしてくれたり、体調がすぐれない時や忙しい時も、取材に多くの時間を割いてくれました。また寒い日に外を歩いてくれたり、人を紹介してくれたり、パーティーを開いてくれたり、私の多くのリクエストに応えてくれました。
本当に、本当に、感謝しています。

作品情報

『# KENZO TAKADA』

2021年公開予定
監督:中山章太郎 出演: 高田賢三 ほか 上映予定時間:110分 配給:ライトフィルム
イベント情報

『Dreams - to be continued - 高田賢三回顧展』

2021年6月1日(火)~6月27日(日) 会場:東京都 代々木 文化学園服飾博物館 時間:10:00~19:00 料金:一般500円 大学生、専門学校生、高校生300円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 高田賢三の初ドキュメンタリー映画『# KENZO TAKADA』が今年公開予定

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて