ニュース

アニメ映画『岬のマヨイガ』に大竹しのぶ、粟野咲莉 主題歌は羊文学

アニメーション映画『岬のマヨイガ』の追加ボイスキャストと主題歌情報が発表された。

8月27日から公開される同作は、『野間児童文芸賞』を受賞した柏葉幸子の小説『岬のマヨイガ』をもとにしたファンタジー。訪れた人をもてなす伝説の家「マヨイガ」を舞台に、ある事情で家を出た17歳のユイ、両親を亡くしたショックで声を失った8歳のひより、不思議なキワさんがそれぞれの過去を乗り越え、大切な居場所を守ろうとする姿を描く。ユイ役に芦田愛菜がキャスティング。

新たに出演が明らかになったのは、ユイとひよりを迎え入れるキワさん役の大竹しのぶ、ユイ、キワさんと共に「マヨイガ」で暮らすことになるひより役の粟野咲莉。主題歌は羊文学が同作のために書き下ろした“マヨイガ”が起用された。

今回の発表とあわせて本予告映像と本ビジュアルが公開。同曲を使用した本予告映像では、ユイとひよりが「マヨイガ」で不安を感じながらもキワさんとの日々を過ごし、岩手・狐崎の自然に囲まれる日々の中で新しい居場所を見つけていく姿や、人の哀しみや後悔から生まれる怪異「アガメ」によって町が脅かされていく様、ユイが涙を流しながら「私に今できること……ここが私の家だから…!!」と訴えるシーンなどが確認できる。

本ビジュアルには、ユイ、ひより、キワさん、「ふしぎっと」と呼ばれる妖怪たちの姿が写し出されているほか、「あなたを信じる場所がここにある」というコピーが添えられている。

大竹しのぶのコメント

初めて台本を読んだとき、おとぎ話を読んだような温かい気持ちになりました。キワさんが語る昔話が面白く、これをどんな風に読んだらいいんだろうととても楽しみでした。「ふしぎっと」と言われる、今の子供たちは信じてくれそうもないモノが沢山出てくるのもワクワクしました。
キワさんはすこし人間離れした不思議なキャラクターなので、リアル感と不思議感の曖昧な感じを出すのが難しく、監督と相談をしてからアフレコに臨みました。
人の優しさや温かさや勇気を信じることの出来る映画だと思います。ぜひ、劇場に見に来ていただけたらうれしいです。

粟野咲莉のコメント

ひよりは悲しい出来事をきっかけに声が出なくなってしまった女の子です。
心の中で「どうして私だけ…」と思いながら生きていますが、周りに目を向けると、人は皆色々な悩み、悲しみを抱えていることに気付きます。
この映画は、私たち一人ひとりにやさしく寄り添ってくれる映画だと思います。
かわいい“ふしぎっと”たち、食材をふんだんに使ったお料理のアニメーションが私のお気に入りなので、ぜひ注目してみてください。

塩塚モエカ(羊文学)のコメント

主題歌「マヨイガ」に込めたのは、ユイとひよりの幸せを願う気持ちです。
おばあちゃんやマヨイガに出会う前の辛い日々を頑張って生きた抜いた二人に、これからの日々の美しさ、優しさにたくさん触れて、素敵な大人になってほしい。そう思って作曲しました。
どんな形であれ「帰る場所」、即ち、自分を肯定してくれる場所があるということは、とても暖かいことです。
そしてこの時代を生きるために、なくてはならないことだと思います。
それが家族とは別の誰かの元かもしれないし、自分の心の中かもしれないし、音楽や芸術かもしれない。
私自身や、私の音楽も誰かのそういう場所になれたらいいと思います。

『岬のマヨイガ』本ビジュアル ©柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会
『岬のマヨイガ』本ビジュアル ©柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会
大竹しのぶ ©柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会
大竹しのぶ ©柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会
『岬のマヨイガ』 ©柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会
『岬のマヨイガ』 ©柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会
粟野咲莉 ©柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会
粟野咲莉 ©柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会
『岬のマヨイガ』 ©柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会
『岬のマヨイガ』 ©柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会
羊文学
羊文学
画像を拡大する(6枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性