長谷川白紙、アニメ『Artiswitch』第3話挿入歌“わたしをみて”配信リリース

長谷川白紙の楽曲“わたしをみて”が本日7月9日に配信リリースされた。

同曲は、本日7月9日20:00に配信されるオリジナルアニメーション作品『Artiswitch』第3話の挿入歌に起用。サンライズとアソビシステムによる『Artiswitch』は、東京・原宿のどこかにある「裏裏原宿」で店を営む魔女ニーナが、客の秘めた願いを叶え、葛藤しながら成長していく姿を描くという内容で、ファッション、アート、音楽の分野で活動するクリエイターやアーティストたちを起用している。

長谷川白紙のコメント

今回Artiswitchプロジェクトのみっつめのエピソードに『わたしをみて』という曲を書かせていただきました。この曲は表層(と呼ばれているもの)と内部(と呼ばれているもの)が撹乱されきってしまった閉じた通路に向けた手紙です!着飾るという行為は、ともすればその視覚的な印象から過剰に表層的なものとして捉えられることがありますが、わたしには最初から表層と内部にまつわる撹乱を兼ね備えている行為に思えます。今回のArtiswitchで、わたしのそのような思いが回収された気も、それを押し上げてくださったようにも思います。本当に光栄な機会をありがとうございます!

リリース情報

長谷川白紙
『わたしをみて』

2021年7月9日(金)配信リリース
番組情報

『Artiswitch』

『Artiswitch』公式YouTubeチャンネルで配信中
監督:池田一真 脚本:吉田恵里香 主題歌:yonkey“飛ぶ、サイハテ。(feat.足立佳奈)” 音楽:ラスマス・フェイバー アニメーション制作:サンライズ 声の出演: 葵うたの 黒木ほの香 莉子 ゆうたろう 吉田凜音 宮本侑芽 石田晴香 大塚明夫 石田彰
  • HOME
  • Music
  • 長谷川白紙、アニメ『Artiswitch』第3話挿入歌“わたしをみて”配信リリース

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて