Foorinが歌う“パプリカ”新PVが完成 監督は奥山大史

Foorinが歌唱する“パプリカ”の新PV「あしたにたねをまこう!バージョン」が、7月18日からNHK Eテレ『みんなのうた』で放送される。

米津玄師が作詞、作曲、プロデュースを手掛けた“パプリカ”はNHKの「2020応援ソング」に起用。新PVは、新たな赤い衣装を身に纏ったFoorinが、英語版を歌うFoorin teamE、病気や障害のある子たちによるFoorin楽団のメンバー、新世代の子供たちと共にパフォーマンスしており、それぞれの子供たちがなりたい自分になり、多様性をもって楽しく生きている姿を映像化しているとのこと。監督は映画『僕はイエス様が嫌い』の奥山大史。

さらに、“パプリカ”1分シリーズが7月20日からオンエア。詳細はNHKのオフィシャルサイトで確認しよう。

  • HOME
  • Music
  • Foorinが歌う“パプリカ”新PVが完成 監督は奥山大史

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて