林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

柿本ケンサク監督の映画『恋する寄生虫』の公開時期が11月に決定。追加キャストが発表された。

同作は三秋縋の小説『恋する寄生虫』をもとにしたラブストーリー。極度の潔癖症で人と関わることができなかった高坂賢吾は、見知らぬ男性から視線恐怖症で不登校の佐薙ひじりの友達になって面倒を見てほしいという依頼を受けるが、彼女の露悪的な態度が自分の弱さを隠すためのものだと気付き、やがて互いに惹かれあって初めての恋に落ちるというあらすじだ。高坂賢吾役に林遣都、佐薙ひじり役に小松菜奈がキャスティング。脚本を山室有紀子が手掛けた。

新たに出演が明らかになったのは、高坂と佐薙を引き合わせる謎の男・和泉役の井浦新、佐薙の祖父・瓜実裕一役の石橋凌。

さらに「恋する編」「寄生虫編」と題された2種の特報映像と、ティザービジュアルが公開。「恋する編」には、潔癖症と視線恐怖症を患う高坂と佐薙の共通点、「虫」「死」「世界の終わり」といったキーワード、「ウイルスが起動するのは」「クリスマスイブ」「それが、世界の終わり」という言葉などが確認できる。「寄生虫編」では、寄生虫好きの佐薙が高坂にフタゴムシという寄生虫の特性について説明し、2人が徐々に近づいていく様子が確認できる。

ティザービジュアルには、マスクをした高坂とヘッドホンを首にかけた佐薙が見つめ合うシーンが切り取られているほか、「その虫は『恋』に寄生する」というコピーが添えられている。

柿本ケンサク監督のコメント

新くんが、この映画に大きな問いをくれました。
凌さんが、この映画に本質をくれました。
お2人とはひたすらに正義の話をしました。
答えはでることではないですし、誰にも正解はわからないですが、誠実に向き合うことが出来ました。

この物語は、2つの軸で、時間が流れます。
ある種不思議な時間体験です。
どんな時間軸なのか、楽しみにしていただけると嬉しいです。


作品情報

『恋する寄生虫』

2021年11月公開
監督:柿本ケンサク 脚本:山室有紀子 原案:三秋縋『恋する寄生虫』(メディアワークス文庫/KADOKAWA) 出演: 林遣都 小松菜奈 井浦新 石橋凌 配給:KADOKAWA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて