ニュース

赤澤える「レベッカ ブティック」エンディングムービー公開

『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より

「レベッカ ブティック」のエンディングムービー『私たちとワンピース』が7月23日20:00に公開される。

ディレクター赤澤えるの退任に伴い、7月31日をもって終了するストライプインターナショナルのブランド「レベッカ ブティック」。千原徹也(れもんらいふ)がアートディレクターを務めた『私たちとワンピース』には、本人役として頓知気さきな(femme fatale)が出演し、同映像のために書き下ろされた楽曲“ドレスコード”の作曲を西寺郷太 (NONA REEVES)、作詞を赤澤える、ボーカルをMICO(ex. SHE IS SUMMER)が担当した。

赤澤えるのコメント

何よりも大切にしてきた私たちのブランドを、終わらせることに決めました。コロナウイルスに屈することなく、自らの強い意志でこの結末を選べたことを、私は誇りに思っています。

そんな私と私たちの過去と未来を祝し、大好きな方々にお集まりいただき、音楽と映像を共につくっていただきました。映像は千原徹也さん、音楽は西寺郷太さんが中心となって制作してくださっています。それぞれの世界でプロフェッショナルとして活動してこられた方々とのプロジェクトは刺激的で、最後にまたひとつ宝のような経験を重ねられたことを非常に嬉しく感じています。

終わってしまうことを嘆いてばかりいるのではなく、これまでのことを大切にしながらも次へと続いていく、今の私たちを浮かべながら仕上げていただいた作品です。ブランドディレクターとしてここまで“終わり”に向き合えて、本当に幸せです。過去の私に扮してくださった頓知気さきなさんの愛らしい表情にもご注目ください!

千原徹也(れもんらいふ)のコメント

ご近所さん。えるちゃんのことをそう呼んでます。
出会いは覚えてないけれど、いつの間にか、お互いのクリエイティブを相談するようになりました。今回も、僕たちの関係の中では特別なことでもなく、ご近所さんのあいさつのようなもの。役割は特にない笑。
「動画作ろう!」「みこちゃんに頼もう!」なんて言ってるうちに完成しました。ではまた、明日笑。

西寺郷太(NONA REEVES)のコメント

えるちゃんと出会ってから日々は経ちますが、仕事依頼は初。元々、お父さんがジャズ・ドラマーだったという彼女はグルーヴィーな音楽が大好き。なので、BPM108、ビターで甘いミディアム・ファンクを協力して作りました。大樋ゆう大君の生演奏、MICOちゃんの声、えるちゃんの歌詞……!全てが刺激的な体験でした。

MICO(ex. SHE IS SUMMER)のコメント

今回、私はただ純粋にボーカリストとして参加させていただきました。
えるちゃんが伝えたい熱い思いを、私のフラットなボーカルに乗せたいと、私の声にフォーカスしてお誘い頂けたこと、本当に嬉しかったです。レベッカの世界に居る、スマートな女の子をイメージして、すんと歌いました。えるちゃんのこの先の背中も想像しながら。
最高の最後、おめでとうございます!

『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
『私たちとワンピース』より
画像を拡大する(23枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」