菅田将暉主演、密室サスペンス『CUBE』リメイク版の本予告編が到着

映画『CUBE』リメイク版の正式タイトルが『CUBE 一度入ったら、最後』に決定。本予告編と本ビジュアルが到着した。

10月22日から公開される同作は、1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督『CUBE』の初公認リメイク作品となる密室サスペンス。謎の立方体「CUBE」に閉じ込められた何の接点も無い6人の男女が、殺人的なトラップに襲われながらも暗号を解読し、「生きる」ために脱出しようとする姿を描く。エンジニアの後藤裕一役を菅田将暉、団体職員の甲斐麻子役を杏、フリーターの越智真司役を岡田将生、中学生の宇野千陽役を田代輝、整備士の井手寛役を斎藤工、会社役員の安東和正役を吉田鋼太郎が演じる。

本予告編では、火炎噴射やワイヤースライサーといったトラップが発動するシーンや、「劇薬系密室エンタテインメント開幕」というテロップ、「CUBE」内に響く叫び声などが確認できる。

本ビジュアルには、「CUBE」の中に放り込まれた6人の姿や謎の手が写し出されているほか、「死のトラップ迷宮。生きて出られるか。」というコピーが添えられている。

作品情報

『CUBE 一度入ったら、最後』

2021年10月22日(金)公開
監督:清水康彦 原作:ヴィンチェンゾ・ナタリ『CUBE』 出演 菅田将暉 杏 岡田将生 柄本時生 田代輝 山時聡真 斎藤工 吉田鋼太郎 配給:松竹
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 菅田将暉主演、密室サスペンス『CUBE』リメイク版の本予告編が到着

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて