城定秀夫監督×今泉力哉脚本、瀬戸康史主演の映画『愛なのに』来年初春公開

映画『愛なのに』が2022年初春に東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。出演者とポスタービジュアルが発表された。

城定秀夫が監督を務め、今泉力哉と共に脚本を手掛ける同作は、今泉監督と城定監督が互いの脚本を提供し、R15+のラブストーリーを2本制作するプロジェクト『L/R15』の「L」の作品。古本屋の店主・多田浩司、店主にプロポーズする高校生・岬、多田が憧れる一花たちの一方通行の恋愛が交差し、二転三転する様を描くラブコメディーだ。

多田浩司役を瀬戸康史、一花役をさとうほなみ、岬役を河合優実が演じるほか、中島歩、向里祐香、丈太郎が出演する。

ポスタービジュアルには、「真っ直ぐで厄介で、否定できないこの想い。」というコピーが添えられている。

瀬戸康史のコメント

『愛なのに』、もっと何か言いたげな雰囲気がこのタイトルからは漂っている気がします。そんな、どうにもはっきりしない人たちの物語です。今泉さんの生み出した素敵な世界観の脚本です。僕演じる多田浩司もそのひとりで、感情をあまり表に出さない人物。演じる上で、この台本から醸し出される独特な空気にそのまま呑まれようと思いました。城定監督は自由に演じさせてくれましたし、監督ベースからよく現場に来て僕らやスタッフさんと他愛のない話をしたり、小道具を納得いく角度まで何度も動かしてみたり、本当に現場が好きなのだなという印象です。そんな映画への愛がある皆さんと作品作りが出来て本当に良かったです。『愛なのに』その後に続く言葉を、観た方がどう想像するのか、とても楽しみです。

さとうほなみのコメント

城定監督×今泉監督のコラボレーション。最初にこの情報を知った時は「!!??」と、なにか言葉にならない感情でした。絶対に面白いのが分かっていながら何故か漂う危険な香り。未だとても惹かれております。
城定監督が、シーンにおいての空気感や雰囲気などをしっかりと作ってくださるので純粋に楽しませていただきました。是非お楽しみに、お待ちいただければと思います。

河合優実のコメント

脚本を大変面白く読ませて頂き、物語の中でぽつんと異質に映る矢野岬を演じられる事にずっとワクワクしていました。
城定監督が本読みの段階からお芝居を面白がって下さったので、撮影でも今泉力哉さんの台詞を伸び伸び楽しませて頂きました。
恋愛をしている人間の愚かさがかわいく情けなく可笑しく描かれている映画だと思います。
沢山の人に映画館でご覧頂ける事を願っています。

中島歩のコメント

城定監督の大きな懐で思う存分やらせてもらいました。僕の変なアイデアも面白がって取り入れてくれたものです。
僕の役は、この現代社会ではとても褒められた人間じゃありません。
だからこそ皆様がどう反応されるのか楽しみでなりません。お楽しみに。
ふふふ。

向里祐香のコメント

熊本美樹役の向里祐香です。
ご覧の通り世の中はめちゃくちゃです。嫌だ嫌だ。と、ため息をつく代わりに全身の力を抜いて「愛なのに」を見てクスクス笑ってくれたら良いなと思います。城定監督の役者を信じ委ねてくれているような現場の空気感の元、私自身も楽しんで美樹役を演じました。ラブでコメディ。他の登場人物に負けじとパンチの効いたキャラクターですので、お楽しみに。愛愛愛愛、、、愛なのに

丈太郎のコメント

本作のお話を頂いた時、これは自分にしか演じることのできない役だと感じました
高校生ならではの言葉にならない感情や好きな子へのちょっと異常な思いをリアルに伝えたく、全力で撮影に臨みました。
「愛」を題材にした作品は沢山ありますが、その中でも皆さんの共感を得るような作品になったと思います。
是非1人でも多くの方に見もらいたいです。

作品情報

『愛なのに』

2022年初春に新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
監督:城定秀夫 脚本:今泉力哉、城定秀夫 配給:SPOTTED PRODUCTIONS
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 城定秀夫監督×今泉力哉脚本、瀬戸康史主演の映画『愛なのに』来年初春公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて