横浜流星が凪良ゆう原作の映画『流浪の月』出演 広瀬すずの婚約者役

映画『流浪の月』に横浜流星が出演することがわかった。

2022年公開予定の同作は凪良ゆうの小説『流浪の月』をもとにした作品。雨の公園で9歳の家内更紗と出会った19歳の大学生・佐伯文は、家に帰りたがらない彼女を自身の家に入れ、2か月間共に過ごすが、誘拐罪で逮捕されてしまい、15年後に「傷物にされた被害女児」と「加害者」という烙印を背負ったまま再会するというあらすじだ。家内更紗役に広瀬すず、佐伯文役に松坂桃李がキャスティング。李相日が監督と脚本を務めた。

原作のファンを公言している横浜流星が演じるのは、更紗の婚約者・中瀬亮役。更紗を愛しながらも、彼女の過去を受け止め切れず、自分を見失ってしまうというキャラクターだ。

横浜流星のコメント

自粛中に原作を手に取り出会い、とても考えさせられた作品を李監督を初めとした素敵な方々と共に創ることができ、この上ない幸せを感じています。
とにかく李組に全力でぶつかって僕の中にまだある殻を破ることができたらなと思っています。
原作は文目線で読んでいましたが、話を頂いて亮目線で読むとまた見方も変わりました。
亮にも過去がありそれ故に、愛に飢え、愛を求めている。
脆く、人間らしい亮を僕が誰よりも愛し、全力で生きたいと思います。

李相日監督のコメント

横浜君の持つ不器用な真っ直ぐさが、亮と重なりました。
一途な思いは、時として他者を傷つけ、間違いを犯させます。
愛情に飢え泥臭く生きる姿を、クールなイメージの横浜君が全身で曝け出してくれるのを楽しみにしています。
まだ誰も見ていない横浜流星を見つけられますよう。

作品情報

『流浪の月』

2022年全国公開
監督・脚本:李相日 原作:凪良ゆう『流浪の月』(東京創元社) 出演: 広瀬すず 松坂桃李 配給:ギャガ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 横浜流星が凪良ゆう原作の映画『流浪の月』出演 広瀬すずの婚約者役

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて