相米慎二作品の魅力を三浦友和らのインタビューを通じて描く書籍が刊行

書籍『相米慎二という未来』が9月8日に刊行される。

2001年9月9日に53歳で逝去した映画監督の相米慎二。「邂逅」「巡礼」「回想」「証言」で構成される同書では、相米作品の魅力をキャストや制作スタッフへのインタビューを通じて紐解く。編集は金原由佳と小林淳一。

「邂逅」では唐田えりか、板垣瑞生、村上淳、土井裕泰、松居大悟のインタビューを掲載。監督作品をリアルタイムで見ていない若年層に今回初めて相米映画に触れて感じたことを聞くほか、かつてリアルタイムで見た世代が改めて相米ワールド全作品に触れ、今感じたことを語る。

「巡礼」では監督作品『翔んだカップル』『セーラー服と機関銃』『東京上空いらっしゃいませ』などのロケ地を巡礼。

「回想」では監督作品に出演した三浦友和、大西結花、河合美智子、斉藤由貴、牧瀬里穂、佐藤浩市、浅野忠信、小泉今日子、「証言」では生前の相米を支えた佐々木史朗、今村治子、榎戸耕史、小川久美子、小川富美夫、大友良英らスタッフのインタビューが収録されている。

また9月9日に相米の初著書『相米慎二 最低な日々』が刊行。9月4日からは富山・ほとり座、9月11日からは東京・渋谷のユーロスペースで特集上映『後20年 作家主義 相米慎二』が実施される。

書籍情報

『相米慎二という未来』

2021年9月8日(水)発売 編集:金原由佳、小林淳一 価格:2,970円 発行:東京ニュース通信社
  • HOME
  • Book
  • 相米慎二作品の魅力を三浦友和らのインタビューを通じて描く書籍が刊行

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて