島根県立石見美術館『つらなり、かさなり』展開催 草間彌生らの作品を紹介

コレクション展『つらなり、かさなり』が8月26日から島根・島根県立石見美術館で開催される。

同展では、連続するモチーフの作品や、複数のモチーフを重ねて構成した作品を展示。島根出身の澄川喜一、岩本拓郎、野村康生のほか、草間彌生らの作品が並ぶ。主な展示作品は、油彩画、版画、彫刻。

イベント情報

『つらなり、かさなり』

会場:島根県 島根県立石見美術館 展示室C 2021年8月26日(木)~11月7日(日) 時間:9:30~18:00(入場は閉場の30分前まで) 休館日:火曜
  • HOME
  • Art,Design
  • 島根県立石見美術館『つらなり、かさなり』展開催 草間彌生らの作品を紹介

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて