『METガラ2021』レッドカーペットの様子がライブストリーミング配信

アメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催される『METガラ2021』のレッドカーペットの模様が日本時間9月14日6:30から『VOGUE JAPAN』公式サイトでライブストリーミング配信される。

US版『VOGUE』編集長のアナ・ウィンターが1995年から主催者を務める同イベントは、世界的スターが一堂に会する年に1度のファッションの祭典。その主眼は、メトロポリタン美術館のコスチュームインスティテュートの資金調達であり、コスチュームインスティテュートが毎年開催するファッションの展覧会のオープニングイベントとなる。『METガラ』の名誉ホストは、アナ・ウィンター、デザイナーのトム・フォード、Instagramの責任者アダム・モッセリ。

今年の共同ホストは、大坂なおみ、ビリー・アイリッシュ、ティモシー・シャラメ、アマンダ・ゴーマンの4人。ドレスコードは特別展のテーマ「In America」にあわせて「American Independence(アメリカの独立)」となっている。約2時間にわたる配信では、フォトコールの様子をキキ・パーマーとイラナ・グレイザーが中継。インタビューも行なわれる。

特別展は、9月18日から始まる第1部『In America: A Lexicon of Fashion(イン・アメリカ:ファッションの辞書)』と2022年5月5日から開催予定の第2部『In America: An Anthology of Fashion(イン・アメリカ:ファッションのアンソロジー)』で構成。第1部では、アナ・ウィンター・コスチュームセンターを架空の家にして、各部屋は幸福、喜び、反抗、懐かしさといった感情を表し、関連するコレクションを展示する。アメリカン・ウィングのピリオドルームでの展示では人種、ジェンダー、重要課題という観点からファッションの歴史を検証すると共に、「誰が住むことができ、誰がそうすることを禁じられたのか」を考える。第1部、2部共に2022年9月5日まで開催。

  • HOME
  • Life&Society
  • 『METガラ2021』レッドカーペットの様子がライブストリーミング配信

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて