デヴィッド・ボウイのライブ映画『ジギー・スターダスト』生誕75年記念公開

デヴィッド・ボウイのライブ映画『ジギー・スターダスト』が2022年1月7日から東京・渋谷のBunkamura ル・シネマ、1月28日からアップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開。ポスタービジュアルが公開された。 今回の上映は、デヴィッド・ボウイの生誕75年、『ジギー・スターダスト』の発売50年を記念するもの。1973年にイギリス・ロンドンのハマースミス・オデオン劇場で行なわれたデヴィッド・ボウイのライブを捉えたドキュメンタリーでボウイ自身が製作に関わっている。ステージ衣装にはロンドンでコレクションを発表して間もない27歳の山本寛斎が参加。監督はボブ・ディランの『ドント・ルック・バック』で知られるD・A・ペネベイカーが務めた。全曲の歌詞翻訳を含む字幕は寺尾次郎(ex.シュガーベイブ)が担当。公開日の1月7日はデヴィッド・ボウイの誕生日の前日となる。 ポスタービジュアルには“Changes”の歌詞「変わるんだ 大人になっても変化しろ」が添えられている。 2022年1月から『デヴィッド・ボウイ 75th Anniversary BOWIE 1947/ 2022』がスタート。同作の公開のほか、2月24日に東京・渋谷CLUB QUATTROでトリビュートライブ、1月10日にLOFT9 Shibuyaでトークイベントが開催される。
作品情報

『ジギー・スターダスト』

2022年1月7日(金)からBunkamura ル・シネマ、1月28日(金)からアップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開
監督:D・A・ペネベイカー 出演: デヴィッド・ボウイ ミック・ロンソン トレヴァー・ボーダー ウッディ-・ウッドマンジー 上映時間:90分 配給:オンリー・ハーツ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • デヴィッド・ボウイのライブ映画『ジギー・スターダスト』生誕75年記念公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて