ウェス・アンダーソン監督の最新作『フレンチ・ディスパッチ』予告編が到着

ウェス・アンダーソン監督の新作映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の公開日が2022年1月28日に決定。予告編が到着した。

『第34回東京国際映画祭』ガラ・セレクション部門に出品される同作の舞台は、20世紀フランスの架空の街。仕事中に急死した編集長の遺言によって廃刊が決まった『フレンチ・ディスパッチ』誌の追悼号にして最終号の全貌を描く。アーサー・ハウイッツァー・Jr編集長役にビル・マーレイ、自転車レポーターのサゼラック役にオーウェン・ウィルソン、批評家で編年史家のベレンセン役にティルダ・スウィントン、孤高のエッセイストのクレメンツ役にフランシス・マクドーマンド、博識家ローバック・ライト役にジェフリー・ライトがキャスティングされているほか、ベニチオ・デル・トロ、レア・セドゥ、ティモシー・シャラメ、シアーシャ・ローナンらが出演。

作品情報

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』

2022年1月28日(金)から全国公開
監督・脚本:ウェス・アンダーソン 出演: ベニチオ・デル・トロ エイドリアン・ブロディ ティルダ・スウィントン レア・セドゥ フランシス・マクドーマンド ティモシー・シャラメ リナ・クードリ ジェフリー・ライト マチュー・アマルリック スティーヴン・パーク ビル・マーレイ オーウェン・ウィルソン クリストフ・ヴァルツ エドワード・ノートン ジェイソン・シュワルツマン アンジェリカ・ヒューストン ほか 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • HOME
  • Movie/Drama
  • ウェス・アンダーソン監督の最新作『フレンチ・ディスパッチ』予告編が到着

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて