マーク・ラファロが弁護士役 実話映画『ダーク・ウォーターズ』12月公開

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』が12月17日から東京・日比谷のTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開される。

同作は、アメリカ・ウェストバージニアのコミュニティーを蝕む環境汚染問題を巡り、1人の弁護士が十数年にわたって巨大企業との闘いを繰り広げた実話をもとにした作品。1998年を舞台に、企業弁護士ロブ・ビロットが、発ガン性のある有害物質の危険性を40年間隠蔽していたデュポン社を相手に、7万人の住民を原告団とする一大集団訴訟に踏み切って、真実を追い求める姿を描く。原題は『DARK WATERS』。

ロブ・ビロット役を演じたのは、『アベンジャーズ』シリーズなどのマーク・ラファロ。環境活動家でもあるラファロは、2016年にThe New York Timesに掲載された記事からロブのことを知り、プロデューサーも兼任して映画化に動き出し、ロブ本人への取材も行なったとのこと。ロブの妻で最大の理解者であるサラ役にアン・ハサウェイ、ロブの上司タープ役にティム・ロビンス、ロブの弁護団に加わるベテラン弁護士役にビル・プルマンがキャスティング。監督を『エデンより彼方に』のトッド・ヘインズが務めた。

今回の発表とあわせてポスタービジュアルが公開。暗い部屋で資料を読み漁るロブの姿が写し出されているほか、「真実に光をあてるために どれだけのもの失う覚悟があるのか――」というコピーが添えられている。

作品情報

『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』

2021年12月17日(金)からTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開
監督:トッド・ヘインズ 出演: マーク・ラファロ アン・ハサウェイ ティム・ロビンス ビル・キャンプ ヴィクター・ガーバー ビル・プルマン 上映時間:126分 配給:キノフィルムズ
  • HOME
  • Movie/Drama
  • マーク・ラファロが弁護士役 実話映画『ダーク・ウォーターズ』12月公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて