SOUNDS GOOD(R)︎ ×手打蕎麦わくり×Shin Sakiura、そばづくりの音を収録

BRANDED AUDIO STORAGE「SOUNDS GOOD」が、岐阜・中津川の「手打蕎麦わくり」の音源と、同音源をもとにShin Sakiuraが作成した楽曲“WAKURIon SOUNDS GOOD”を本日9月29日に配信リリースした。

手打蕎麦わくりの音源は、そばがきを作る音やそばの実を挽く音、そばを水で洗う音といった、そばをつくる工程で発生する音を録音したものとなる。

quantumとオトバンクが共同で設立したBRANDED AUDIO STORAGE「SOUNDS GOOD」は、これまでに企業や団体などの「音の資産」を用いて様々なアーティストとコラボレーションを実施。個人商店の「音の資産」を使った取り組みは初となる。今後も音を通して消費者との新たな接点をつくりつつ、音の資産の可能性を今まで以上に拡張していきたいと考えているとのこと。

安藤紘(BRANDED AUDIO STORAGE「SOUNDS GOOD」)コメント

SOUNDS GOODはこれまで、いわゆる大企業を中心とする企業・団体とのコラボレーションを中心に取り組んできました。しかし、自社のブランドや製品にこだわりを持っているのはこうした企業体だけではありません。例えば個人商店の中にも、多くのこだわりを持って商売をやられているお店がたくさんあります。そんな方々の音の資産もどんどん作っていきたいと考え、個人商店の方々とも一緒に取り組んでいけるようなSOUNDS GOODのプランを新たに作成しました。こだわりを持つ個人商店と、こだわりを持つ音楽アーティスト。最小単位ですが、ここからものすごいコラボレーションが生まれると期待しています。もし、費用感など、一つのお店だけで我々とコラボレーションすることに難しさを感じられるとしたら、近隣の店とまとめてプランを組むなどいろいろ検討できると思いますので、まずは是非気軽にご相談いただけたら幸いです。

和久理太志(手打蕎麦わくり)のコメント

コロナ禍において、飲食店のこれからを考える中でSOUNDS GOODを知り、取り組みが非常に印象に残ったので連絡を取らせて頂きました。
野外フェス“中津川the solar budokan”の地である中津川で日頃より商売をしている事もあり、音楽と蕎麦でお客様に楽しんでいただくことができればと考えました。
そばアレルギーの方、視覚障害の方など、ご来店が困難な方にも楽しんで頂き、いつか中津川の地を訪れていただくことにつながればとてもうれしいです。
この度は、田舎の小さなお店の依頼を受けて下さりありがとうございました。

  • HOME
  • Music
  • SOUNDS GOOD(R)︎ ×手打蕎麦わくり×Shin Sakiura、そばづくりの音を収録

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて