仏伊合作のアニメ映画『シチリアを征服したクマ王国の物語』1月に日本公開

フランスとイタリアの合作アニメーション映画『シチリアを征服したクマ王国の物語』が2022年1月14日から東京・新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺で公開される。

『第8回 新千歳空港国際アニメーション映画祭』コンペティション長編部門のノミネート作品に選出された同作は、トムス・エンタテインメントの第2弾海外買い付け作品。イタリアの作家ディーノ・ブッツァーティが1945年に発表した児童文学『シチリアを征服したクマ王国の物語』をもとに、氷で閉ざされた山に住むクマたちの王レオンスが、ハンターに捕えられた息子トニオを救出するため、残忍な大公、化け猫、人食い鬼、幽霊、魔法使いらと戦い、人間が住む平地を目指す姿を描く。原題は『LA FAMEUSE INVASION DES OURS EN SICILE』、英題は『Bear Infamous Invasion of Sicily』。

監督とグラフィックデザインを務めたのは、イラストレーターのロレンツォ・マトッティ。『The New Yorker』『COSMOPOLITAN』『Le Monde』のイラストや、『カンヌ国際映画祭』『ヴェネチア国際映画祭』のポスターイラストなどで知られる。脚本をマトッティ監督、トマ・ビデガン、ジャン=リュック・フロマンタルが共同で手掛けた。制作プロダクションは『レッドタートル ある島の物語』のプリマ・リネア・プロダクションズ。

今回の発表とあわせてポスタービジュアルが公開。クマが山々に囲まれた崖の上で叫ぶ姿が写し出されているほか、「クマは ハダカの ほうがいい」コピーが添えられている。

作品情報

『シチリアを征服したクマ王国の物語』

2022年1月14日(金)から新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺で公開
監督・グラフィックデザイン:ロレンツォ・マトッティ 脚本:トマ・ビデガン、ジャン=リュック・フロマンタル、ロレンツォ・マトッティ 原作:ディーノ・ブッツァーティ『シチリアを征服したクマ王国の物語』(福音館書店) 上映時間:82分 配給:ミラクルヴォイス
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 仏伊合作のアニメ映画『シチリアを征服したクマ王国の物語』1月に日本公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて